スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7弾新カード入り】新青黒リソリン+緑 菫Ⅸコントロール

※こちらの記事のレシピは発売前のカードを使用したレシピです
正式な裁定が出る前の記事となっておりますので、あらかじめいろいろとご了承ください



ご無沙汰しておりますNAnairoです

年末にかけて2013年のZ/X環境についての振り返りでもしようかと思っていたのですが
なんだかんだと時間が取れずにしばらくブログ更新していませんでした

今更ですが、あけましておめでとうございます

本年もグダグダとオッサンがZ/Xに関してごちゃごちゃと言うだけのブログになるかと思いますが
お暇があれば見てやっていただけると嬉しいです


さてさて、第7弾《運命の相剋》を間近に控えているわけですが
ブログ更新はサボっていましたが、カード研究はサボっていません

7弾のカード情報が次々と判明していく中で私が注目したカードは

《オリジナルXIII Type.IX“Rt23Ar”》


です

効果等は以下の通り

青6コス
バトルドレス
パワー・9000
[自]相手のゼクスが攻撃した時、このターンの間にあなたがこのカードの能力で青2を支払っていないならば、
青2を支払ってよい。青2を支払ったならば、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、手札に戻す。

こちらのカードを使ってレシピを考えていたところ
なかなか面白いデッキに仕上がったのでご紹介

まずはデッキレシピからどうぞ


《新青黒リソリン+緑 菫Ⅸコントロール》

・プレイヤー

雷鳥超


・スタートカード

武装土偶DG-U


・IGアイコンあり

球場変形ラドン×4
一休みするプリニー×4
伝説の魔神百騎兵×10
猫の恩返し×2


・IGアイコンなし

倹約の包丁菫×4
殴打機械バッテリー×4
オリジナルXIII Type.IX“Rt23Ar”×4
オリジナルXIII Type.X“Mb29Ve”×2
漆黒の魔人ニジェール×4
剣帝神器サイクロトロン×4
機鋼竜ドライブピニオン×4
機鋼砲ドラゴニックキャノン×3


レシピは以上です


はじめはリソースリンクの枠が《アサルトコープス》《ウェアクロウ》で構築していたのですが
Type.IXの情報から遅れて発表された新青黒リソリンがこのために使ってくれとばかりの効果だったため採用しました

それでは解説

スタートカード

《土偶
序盤のテンポ取りなどなど
キッチリ回ると使うタイミングがない


IG枠

《ラドン》
数は少ないですが、イベントを構えるデッキのため、手札が多いにこしたことはないので採用
構想初期は手札を増やすギミックは《アサルトコープス》や《リベレイターリゲル》を採用していたのですが
リソリンは上記の理由で、《リゲル》は不安定な打点と、6コスト帯の数が多くなってしまうことから解雇
IGアイコンなしのカードにドローソースを割けない状態になったため《ラドン》を採用することにしました
使ったコストは後述の《菫》で帳消しにできます

《プリニー
緑のライフなら何でもよかった・・・・

《百騎兵》
4コストも兼ねるカード
おかげでリソリンの枠をしっかり確保できてます

《猫の恩返し》
青黒リソリンとのかみ合わせがヤバイ
枚数は調整していった結果2枚が適当と判断しました

《菫》
このデッキを組むキッカケの一つ
一旦維持することで現状のコスト分の動きをしたあとに、2コスト構えられる
Ⅸ・Ⅹと同時に場に維持すれば突破は非常に難しい(面倒くさい)です

《バッテリー》
7弾新規カード。このデッキのバウンスギミックをすべて単純な除去に変えるカード
なるべく早くリンクさせてしまいたいので4枚投入

《Ⅸ》
このデッキの要
環境に多く存在する《ピュアフロン》に引っかからない自動効果であることが一番大きいところかと思います

《Ⅹ》
《Ⅸ》でケアが難しいIGで登場する小型を処理するお仕事
《菫》《Ⅸ》《Ⅹ》が場に揃うと、もう何も怖くない(死亡フラグ)

《ニジェール》
場所限定とはいえ、リンクするだけでコスト関係なく除去できるので弱い要素がほとんどないです
《Ⅸ》の対処に困って、とりあえず自軍左右を埋めてきたZ/Xを狙い撃ったり
単純に押されている状況の返し札としても優秀

《サイクロトロン》
単純な打点と同系意識
《リベレイターリゲル》と悩んだ末採用

《ドライブピニオン
単純な打点と維持できた時の見返りの大きいアタッカーとして採用
コストに余裕のある時はトリッキーな動きを意識

《ドラゴニックキャノン》
序盤に《菫》の維持として使う事が多い
なにかと便利に使えるが、手札マネジメントが難しい


次はプレイングについて

コントロールと銘打ってはいますが、先行時は序盤からいきなりコントロールに向かうことはあまりありません
しっかりと殴り合いをしつつ、ライフの取れる場面ではキッチリ取っておくのが大事
相手のライフが2点になってからコントロールを意識するぐらいでちょうどいいと感じました

後攻時は先行時と違いはじめからコントロールを意識します
可能であれば《菫》→《Ⅸ》→《Ⅹ》と順次場に残していくのが理想
しっかりと場が整ってからライフを取りに行っても問題ないです
当たり前の事ですが《ヴォイドブリンガー》のケアだけはキッチリしましょう


続いてこのデッキの苦手なデッキについて

①《ペンギンイェーガー》などの小型Z/Xの大量展開を得意とするデッキ
単純に除去が間に合いません
リソリンがそろっていないと《フレイムコープル》で殴る→何かしらでバウンス→戻した《フレイムコープス》で殴られる
を繰り返されるだけで瓦解します
リソリンをキッチリそろえる事と、《Ⅹ》の頑張り次第で何とかならなくもないですが
相性はすこぶる悪いです

②レンジ2採用のデッキ
小型でPSの《Ⅸ》等にワンパン、相手PSからレンジ2の攻撃で処理されるケースが多々ありました
相手PSはもちろん除去の範囲外なので、レンジ2を採用していそうなデッキ相手には
除去のタイミングは慎重に選びましょう

③緑メインのデッキ
こちらも長期戦になると除去が間に合わなくなります
ガッツリ緑が見えた場合は早々にコントロールをあきらめ、殴り合いに持ち込んだ方が賢明です

④除去がガッツリ積んであるデッキ
《イラ》や《ⅩⅠ》を採用しているデッキ。または除去イベントを多く積んでいるデッキは若干苦手
《サイクロトロン》を上手く合わせていかないと、逆にコントロールされかねない


挙げてみると弱点だらけですな(笑)

まあ、上記以外にデッキに対しては基本的に強く当たれた印象はありました


お次は採用圏内のカードを紹介

《ウルティオー》
リソリン引っ張ったり、その時々で必要なパーツを引っ張ってこれるのは便利

《Aウイルスハザードアクターレ》
上記の苦手なデッキに強く出ていけるようになるカード
こちらのリソリンも機能しなくなるので、リソリンを採用しない《Ⅸ》デッキならば採用を検討したい

《ウェアクロウ》《アサルトコープス》
上記のレシピの前の形で採用されていました
《菫》のいない状況でコストを構えるためのリソースブースト
コントロールに必要なパーツ集め、状況に合わせたアタッカーの供給などなど、かなり便利
こちらのリソリンと、レシピの新青黒リソリンの2種を積む案もありましたが、紆余曲折の結果断念

《リベレイターリゲル》
狙ったタイミングでドローできることは非常に魅力的
現状は安定した10500打点が欲しいので《サイクロトロン》を採用していますが、検討の余地のあるカードかと思います

《デスティニーベイン
《リベレイターリゲル》を採用する場合は《Ⅹ》よりもこちらが優先かと思います

《ⅩⅠ》
こちらも手札コストが気にならないデッキ構築にするのであれば採用圏内
今回のレシピでは、打点面と手札コストを切るのがキツイという理由から不採用


レシピの紹介等は以上です

《Ⅸ》使ってみた感じだと、《ペンギンイェーガー》にあたらなければ割と何とかなるんじゃないかと思います
今回は《菫》と合わせたレシピですが、単純に緑でリソースブーストしながら《Ⅸ》を構えたり
リソースブーストなしでも、8コスト帯で投げるだけで十分に仕事をするカードかと思います

テキストの表記が微妙な書き方がされていて、スクエアに複数枚《Ⅸ》が並んだ場合、何回効果が使えるのかがよくわかりません(現在は《Ⅸ》が複数枚並んでも効果は一度しか使えないって事で回してます)が、今後の環境に変化をもたらしてくれるカードになるのではないかと期待しています


長々とした記事になってしましましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます

6弾のカード評価はサボってしましたが、7弾はコチラでカード評価をさせていただこうかと思います

お時間があればまた覗いてやってください

ではでは

スポンサーサイト

黒天使ver2

何度目だよw

5弾環境に入り、ちょいちょい変化しました

ほとんどがいつものメンツなので、もうお前の天使に興味はないって方はスルーしてください


【黒天使ver2】

プレイヤーカード
天王寺飛鳥

スタートカード
魂のアム

《IGアイコン持ち》
運命のデスティネ×4
純粋のピュール×4
空のシエル×4
星のエトワール×4
放浪のエレ×4

《エヴォルシード》
途惑いの少女アリス×4

《アイコンなし》
創造のクレアシオン×4
雨のプリュイ×2
機知のエスプリ×4
風のヴァン×3
十二使徒 宝瓶宮ガムビエル×2
閃光のエクレール×3
憧れのアドミラシオン×2
誇りのフィエリテ×2
滅獄竜デスティニーベイン×3


レシピは以上です

早い展開のなぐり合いでヴォイドブリンガーの無い状態ではやはり厳しく《デスティネ》を再投入
《エトワール》が新イラストになり(どうでもいい)
4コスト効果なしが可愛い女の子になり(どうでもいい)
《エスプリ》がフリーカードから製品版へ!!(さらにどうでもいい)
5コスト効果なしの枠が新カードの《ヴァン》に変更
6コスト効果なしの枠が《卑弥呼》や《ガーゴイル》
プレイヤースクエア横に篭った10000以上のZ/Xを意識して《アドミラシオン(旧)》へ

変更点はそんなところですね

このデッキの先攻時の理想の展開(3コスト→3コストor4コスト→エスプリ→クレアシオン→ベイン→ガムビ+3コスト→フィエリテ+2コスト)
がキッチリ決まるように意識して構築
後攻時や、IGで返された場合はその他の枠でしっかり対応できるように構築できているかな、と思います
赤黒リソリンやら、青黒リソリンは、そもそも対策が難しいのである意味切り捨て
ガッツリかみ合われたら諦めます

この構築に大分愛着が出てきたので、しばらくはこの形でやっていこうと思います

また変化があったら記事にしようと思います

閲覧ありがとうございました

黒天使

お久しぶりです

4弾環境もあと10日ほどなので

現在使っているエンジェルのレシピを残しておきます

改良を重ねた結果、個人的に不本意なデッキに落ち着いてしまった事が非常に残念です


《黒tエンジェル》

プレイヤーカード
天王寺飛鳥

スタートカード
魂のアム

IGアイコン枠
純粋のピュール×4
運命のデスティネ×2
力のピュイサンス×4
星のエトワール×4
空のシエル×4
放浪のエレ×4

ES
途惑いの少女アリス×4

アイコンなし
掟のレーグル×2
創造のクレアシオン×4
意志のヴォロンテ×3
十二使徒 宝瓶宮ガムビエル×3
機知のエスプリ(F)×3
雪のネージュ×2
閃光のエクレール×3
誇りのフィエリテ×2
滅獄竜デスティニーベイン×3


レシピは以上です

まあ何処が不本意かというと、ベインの枠です

いろいろと考えた結果、入れない理由がなくなったかんじ

4弾環境はエンジェル単(補助パーツのアリスなどは除く)で頑張りたかったのですが

勝ちたかったんや!!

布教活動のおかげか、プレイ人口もボチボチ増えて

いわゆる《ガチデッキ》を使うプレイヤーさんが増えてきて

なかなか勝てない時期がありまして、ついカッとなってベインを入れました

反省はしている

おかげ?で《ペンギン》やら《ダンサー》やらが、調子に乗りまくらない限り

ある程度勝ちきれるデッキにはなりました

5弾環境はどうなるのかねぇ

もうちょっとスローゲームのZ/Xを楽しみたい気持ちがあるので

これ以上の高速化は勘弁してほしいなぁ

次の記事は5弾発売後の記事になるかと思います

またお時間がありましたら、のぞいてみてやってください

ではでは

赤黒エンジェルver2.00

まず最初に

前回の記事にコメントいただいた方に感謝を

ありがとうごいました


そのコメントの中に、現在のエンジェルのレシピに対しての質問をいただきましたので
現環境で私が使用しているエンジェルのレシピを載せておきます
といっても、前回載せていたレシピからほとんど変わっていないんですが


《赤黒エンジェル》

《プレイヤー》
『天王寺飛鳥』

相変わらず《フィエリテ》です


《スタートカード》
『魂のアム』

4弾の収録カードの中で1番うれしかったのは、実はこの子だったりする

《IGアイコン持ち》

『運命のデスティネ』×2
前までは猫のヴォイドだったのですが、待望の《エンジェル》ヴォイド
上手く盤面制圧できていれば、効果が強力に作用するのですが
単体で敵軍エリアの《卑弥呼》を倒せない事に、たまにイライラする


『空のシエル』×4
相変わらずこのデッキの主力アタッカー
4弾でエヴォルシード以外のカードを《エンジェル》に統一することが出来たので
打点アップの効率が段違いに上がりました


『放浪のエレ』×2
前回《ダウラギリ》だった枠


『純粋のピュール』×4
『力のピュイサンス』×4
『星のエトワール』×4
点取り屋さん達


《エヴォルシード》

『途惑いの少女アリス』×4
『整備職人ヒンデンブルク』×4
相変わらずいい仕事をする子達
手札に来たら即リソース


《アイコンなし》

『掟のレーグル』×4
『創造のクレアシオン』×3
『意志のヴォロンテ』×4
『十二使徒 宝瓶宮ガムビエル』×2
『雪のネージュ』×2
『夕焼けのクーシェ』×2
『誇りのフィエリテ』×3
前回からの代わり映えのしないメンツ

『閃光のエクレール』×1
アイコンのない枠での新顔
6コス帯で場所を問わず《ヤマタノオロチ》を狩れる可能性のあるカードが欲しくて、1枚挿し
予想以上にいい仕事します


レシピは以上です

以前のレシピから、エヴォルシードの以外の枠をすべてエンジェルで統一
元から《ヤマタノオロチ》への対策はある程度出来ていたデッキですが
それでも不安だったので《エクレール》を投入して、対策を厚くした感じです

今回はレシピ以外に、デッキコンセプトとプレイングについても解説しときます
ちょいと長いので興味のない方はすっ飛ばしてください



《コンセプト》

レシピ見ていただいてお分かりかと思いますが
基本デカいのを立てて殴るだけです
おそらく現状の《エンジェル》ではこのコンセプト以外はやや厳しいです
ですが、このコンセプトを持てるのも現状《エンジェル》だけだと思っています
(ライカンスロープも近いものがありますが、相手ターン中にはパワーが落ちてしまうので差別化できています)
イベントなどの小細工は一切必要ありません
その時あるリソースの数で出せる最大火力を盤面に叩き付け圧迫し続ける
それをひたすら続けていくと、相手も出された最大火力に対して、最大火力で応戦しなくてはなりません
そうすることにより《相手にプレイングを強要する》ことがこのデッキの最大のコンセプトです
最近は優秀な効果をもつZ/Xや、リソースリンクの登場により
5コスト以下のZ/Xのパワーラインが下がってきている傾向にあります
そこに素の最大打点である効果なしのZ/Xを出し続けると
相手はイグニッションを成功させる以外の対処が難しくなります
成功されるとヤバイのですが(笑)それはどのデッキであろうが一緒なので目をつむりましょう
返しのターンでめくり返せばいいんですよ!

まあそれを繰り返し、徐々にスクエアに《エンジェル》を残していくことにより
《シエル》の打点を押し上げ、盤面のアドバンテージを取っていくのがこのデッキの強みです


《プレイング》

先行か後攻かでプレイングがガラッと変わります
ケースバイケースではあるのですが、基本的には
『ガン攻め』と『ガン守り』です

先行時は上記のコンセプトにあるように、溜まったリソースを1つも余らせることなくひたすら攻め
最低2ターン、できれば3ターン先の事を見据えた手札マネジメントを心がけひたすら攻め
攻め続けてとりあえず『残り1点』にすることを目指します
その後はその流れで残り1点を取りに行ってもいいですし
相手のデッキ切れを狙うのもありです

後攻時は一転、しばらくはライフを守ることに専念します
一番大事なのは先行時と逆ですが『ライフを残り1にさせない』ことが目標
コストを余すことなく使う事は先行時と変わりませんが
イグニッションで何かめくれて、ライフを奪えそうな時でもひたすら守り
後攻時は半端は攻めが命取りになることが多々あります
なるべくパワー5000以下のZ/Xをプレイヤースクエアに置かないように気を配りながら5・6ターンぐらいはしっかり守備
自軍の守備がしっかりと完成したら反撃開始
このころになると相手もほどほどに消耗しているはずなので
後攻の利点である、手札(選択肢)の多さを盾に盤面を押し返しましょう
切り替えしの時に重要なのは
相手の《ヴォイドブリンガー》を踏んだ後に立て直せないときはライフを狙わない事
相手がこちらの反撃を見ても攻めることを止めない時は、守備に専念すること
この2点です

先行時でも後攻時でも変わらないことは『メリハリ』
攻めるときはとことん攻める
守るときはキッチリ守る
中途半端が一番よくないです

ここまでは基本的なプレイングのお話
もうちょっと話が続くので興味のあるかたはお付き合いください

プレイングに含まれる話ですが、このデッキも当然苦手な相手がいます

『デスティニーベイン』君です

環境にガッツリいるZ/Xが弱点のデッキで大丈夫かって話ですが
その対策は厚めにしているつもりなのでご安心を

とりあえず『黒』をみたら『ベイン』を警戒してください
7コスト以降は毎ターン『ベイン』が出てくる前提で手札に対策カードをガメてください
んで、出てきたら全力で処理してください
生き残らせてターン返すと非常にマズイです

デッキ的に相性がよろしくないのは緑の《アイヴィーウィング》を軸にしたデッキ
早々にリソースを溜められ、《アイヴィー》降臨
リソースからワラワラ出てこられるとさすがにどうしようもありません
緑を見た時だけは先行後攻問わず、ひたすらガン攻め
ライフをすべて削れなければ、とりあえず残り1点に
その後は泥試合を覚悟して守りに専念しましょう


以上で解説終了です


私のプレイしている環境でも
《ブレイバー》《ペンギンイェーガー》《ダハーカシェダル》(赤がらみばっかり(笑))を中心に多種多様なデッキが増えていますが
この《エンジェル》でボチボチの勝率を維持できています
大きな大会で結果を残した話は聞こえてきませんが
《エンジェル》は、やればできる子だと信じています

長ったらしい記事になってしまいましたが、閲覧ありがとうございました

白緑ウルススランチャー

今日は最近お気に入りのデッキを紹介


【白緑ウルススランチャー】

《プレイヤー》

天王寺飛鳥


《スタートカード》

変幻の三節棍 山吹


《IGアイコン》

運命のデスティネ×4

農耕鳥人ウェアラーク×4

不敵な旋棍 芍薬×4

隠業の手裏剣 弟切草×4

獣人ウェアヘッジホッグ×4


《アイコンなし》

のんびり屋のルリジッサ×4

意志のヴォロンテ×3

獣人ウェアウルスス×4

兵器職人スパークランチャー×4

ロウブリンガー ロリヴォール×3

清廉なる思いフィエリテ×3

イヴェルベイン ケィツー×3

夕焼けのクーシェ×2

誇りのフィエリテ×1

リベンジフォース×2



レシピは以上です

2ターン目に《ルリジッサ》を倒してもらって
3ターン目に《スパークランチャー》から《清廉フィエリテ》《ケィツー》を展開
余った1コストで《山吹》《リベンジフォース》を構えるってのが理想の流れ
その後は《トリヴォール》等で固めながら盤面制圧

足の速いデッキには《ケィツー》が
ゆっくりするデッキには《清廉フィエリテ》がうまい具合に刺さってくれるので
オールラウンドに立ち回れるコントロールデッキです

脳筋エンジェルをメインに使っている私としては、久々のコントロールデッキが、使ってて非常に楽しいですね

デッキパワーも悪くないレベルなので、きっちり煮詰めてみたいデッキ


4弾が発売されてしばらく経ちましたが、今は全国的にどんな環境なんですかねぇ
私のプレイ環境は《緑》が少ないので、足の速いデッキに対応でき、
《ヤマタノオロチ》の10500打点に対応出来るデッキに調整していれば何とかなってしまう環境なので
脳筋エンジェルで十分やっていけていますが、どうなんだろ
誰か大会優勝デッキまとめサイト作ってくれないかな~チラチラ


それではまた次の記事で

閲覧ありがとうございました~

プロフィール

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。