スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3弾環境を予測する

3弾環境は




ドラゴン出る





ドラゴン等を投入した『ファッティー』が増える





対策に【ミッドナイトエンペラー】を積んだデッキが増える





【ミッドナイトエンペラー】が効かない『ウィニー』が増える





《エヴォルシード》のやばさに、皆気付く





皆《エヴォルシード》積みはじめる





イグニッションの試行回数を増やすために黒含みのデッキが増える





赤の《エヴォルシード》の性能がやばい事に皆気付く





黒赤流行る





バーンが横行して『ファッティー』の居場所がさらに無くなる





スタイリッシュ坊主めくり大会がしばらく続く





チャージに送らないバウンスでの除去が見直される





青最強♪



ここまで見えた





私は以前紹介した(レシピは少し変わってますが)青緑を使いつづけますが、青と相性いいのは赤と黒ですね


よし【アヴィオール】と【ミリオンレイン】のホロを回収するか


スポンサーサイト

【七大罪 色欲の魔人ルクスリア】【アベンジャーオブティアーズ】




【七大罪 色欲の魔人ルクスリア】


6コスト
ディアボロス
パワー・5500
[自]このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを2枚まで選び、チャージに置く



効果強い!!




イラスト可愛い!!





パワー低いwwww


手札からスクエアに登場させるのは躊躇われますが、6コストなので【樹海の乙女フィーユ】で展開可能な点は評価出来ますね


チャージ枚数を参照にする【幻のシュート】や、チャージを使用する効果のサポートに採用価値を見出だしていきたいですね






【アベンジャーオブティアーズ】

イベント

3コスト
[☆]あなたのライフが1の場合、このカードをライフに裏向きで置く


遅延か?

遅延なのか?!


なかなか使い所が難しいうえに、ライフ1点になるまで腐り続けるカードに頼るのはいかがなものか

イラストはカッコイイので、ややもったいない



今回が、今年最後の[DAILY Z/X LIBRARY]更新かな?

3弾のカードはまだ半分ほどしか判明していないので、また来年の情報に期待!

永遠の隠しキャラアサギ



【永遠の隠しキャラアサギ】


6コスト
バトルドレス
パワー・10000
[常]このカードはプレイヤースクエアに登場できない


プレイヤースクエアに置けない代わりにパワー10000と、効果を持たないZ/Xより500パワーが高く設定されたカード


この10000というパワーをどう評価したものか・・・


このカードの利点を考えてみると


相手の6コスト9500の一撃で落ちない





後は・・・・






えーと・・・・






うーむ・・・・






他に何かある?



今まで6コスト9500のZ/Xに対しては、同様の6コスト9500をぶつけるか、3コスト5000×2等で囲んで対処というのが多かったので、前者で対応出来ないのはちと痛いですが、結局5000×2や6500と3500の2体で対処出来るのなら6コスト9500と大した差は無いように思うんですが・・・
プレイヤースクエアに置けないデメリットを背負ってこの数値は厳しい


あと500パワーが高ければ、かなり見方が違ったのですが、残念


どうせなら3コスト5500とか、4コスト7000デメリット持ちなら、500パワーが上がるの意味が変わって来るんだけど、先行有利の状況が加速するだけだから、それじゃだめか・・・


そう考えると、キチンと調整されたカードなのかなと思いますね

第3弾『五帝竜降臨』収録カード考察 3

前回の記事から、間があいてしまいましたが、今回も現在判明している第3弾『五帝竜降臨』の収録カードを考察していこうと思います




【厳しい杉石ルブライトエレファント】



3コスト
ギガンティック
パワー・5000
ライフリカバリー


名称【エレファント】を含む【ギガンティック】のライフリカバリー

【畏敬の神将ハンニバル・バルカ】の効果がやや使いやすくなりますね

といっても現状では、名称【エレファント】を含むカードは二種類しかないため、【強靭な紅玉髄カーネリアンベア】等を使う【ギガンティック】での使用がメインかと思います



【国を喰らうマンティコア】



5コスト
ミソス
パワー・5500
[常]あなたの手札とあなたのトラッシュにあるすべての[ミソス]のコストは1減る。ただし、0以下にならない



カードの使用にコストを要求する(?)カードゲームでは、よくありがちな効果


そういったゲームではかなり優秀な効果に含まれますが、Z/Xではこの手のシステムカードは1ターン以上維持することを要求される場合が多く、このカードのパワーがかなり低い事もあり、採用はなかなか難しいカードかと思います


そもそも【ミソス】に、種族間のシナジーが薄い事もこのカードの評価を下げる要因になっていますね



【整備職人ヒンデンブルク】



5コスト
マイスター
パワー・5000
エヴォルシード
スクエアにあるあなたのゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、以下の能力を与える
[常]レンジ2


コレハマズイ


守りの為にプレイヤースクエアに配置したZ/Xや、プレイヤースクエア横に引きこもっているZ/Xに、敵軍スクエアを狙える性能を与えるのは脅威


このカードもデッキ構築をしっかり調整すれば、どのデッキにでも採用出来ます


パワーの低さが欠点ですが、手札に握ったらリソースに置けばいいだけなのであまり支障がない


ホントにエヴォルシードは何とかしないとマズイ



【悪の根源アジ・ダハーカ】



6コスト
ミソス
パワー・9000
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「バレットライダー シェダル」があるならば、 ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスに3000ダメージを与える


リソースに置くだけでノーマルスクエアの相手Z/X全てにダメージを与える効果

この効果だけでZ/Xを破壊することは難しいですが、戦闘の補助と割り切れば、十分な効果

パワーも同コストから見て高い部類であり、非常に優秀なカードであると思います

相方の【バレットライダー シェダル】の効果も優秀なので、一考の価値は十分あるカード



【バレットライダー シェダル】



5コスト
バトルドレス
パワー・7500
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「悪の根源アジ・ダハーカ」があるならば、カードを1枚引く


はい、強いです

単純明快な効果

パワーも十分なので、上手く効果発動出来なくても、しっかり仕事はしてくれると思います

あとは、赤と青のデッキを上手く組み合わせられるかどうかが、プレイヤーの腕の見せ所ですね



【巨大時計バークリウム】



7コスト
メタルフォートレス
パワー・8000
[自]スクエアにあるすべてのあなたのイグニッションアイコンを持たない[メタルフォートレス]は以下の能力を得る
[常]レンジ2


強い!重い!!(笑)


是非とも【ダームスタチウム】や【ローレンシウム】にレンジ2を付けたいトコロ


上記の【国を喰らうマンティコア】同様に【メタルフォートレス】の種類がまだ少ないため、現状での採用はやや難しいですね


ただ、効果は非常に優秀なので、今後の動向を見守りたいです



【幻想のイリュジオン】



4コスト
エンジェル
パワー・6000
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「飛び込むカーズカーズ」があるならば、 あなたのチャージにあるカードを1枚選び、手札に戻す


個人的にはやや微妙なカードかと思っています

理由としては

スクエアに出す事を想定すると、4コストの効果無しはパワー6500欲しい

チャージのカードはなるべくイグニッションに使いたい

相方の【カーズカーズ】の効果もやや微妙


といったトコロでしょうか


効果発動の安定しないこの手の効果で、明確に強いと断言出来ないカードを、他のカードの採用を見送ってまでデッキに入れる意義はあまりないかなと思います



【十二使徒 宝瓶宮ガムビエル】



5コスト
エンジェル
パワー・7000
[常]相手のチャージの上限は2枚減る



これは悪いカードだ・・・


こんな早い段階で、この手のゲームの根幹に作用してくる実用的なカードが出てくるとは思わなかった


システムカードではありますが、使い方によってはスクエアに登場したターンに仕事をさせる事も可能なため、無理に維持する必要のないのも高評価


単純にイグニッションの試行回数を減らしたり、チャージを3枚以上使用する効果を使用させなくしたりと使い方は様々


3弾環境に進出して来るであろうカードの1枚かと思います



【ロウブリンガー ティリチミール】



6コスト
ガーディアン
パワー・9000
エヴォルシード
このカードをゲームから除外する。その後、あなたのトラッシュにあるカードを3枚まで選びデッキに戻し、シャッフルする


トラッシュのカードをデッキに戻すことの出来る効果を持つZ/X


現状ではイグニッションの成功率を上げるために、アイコン付きのカードを戻すのがベターかと思いますが、今後サーチカード等が出て来た場合、いろんな使い方が出来るのではないかと期待しています



【飛び込むカーズカーズ】



5コスト
トーチャーズ
パワー・6500
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「幻想のイリュジオン」があるならば、 ノーマルスクエアにあるコスト3以下のゼクスを1枚選び、破壊する


前述した【イリュジオン】の相方


3コスト以下のZ/Xを破壊出来る効果ですが、同様の効果を持つZ/Xも多く、効果の安定しないこのカードをあえて採用する意義は薄いかと思います



【ジ・アビス】


イベント

4コスト
ノーマルスクエアにある赤か青か白か緑のゼクスを1枚選び、破壊する。その後、このカードをチャージに置く


似た効果に【月影葬送牙】がありますが、違いは

黒のカードを除去出来ない

イグニッションアイコンが付いていない

発動後、チャージが貯まる


一概にどちらが優れているとは言い難いですが、やはり手札から撃つには4コストは重く、使い所も難しい

周囲の環境とデッキ内容と相談して採用を検討したいカードですね


【剛角グレートヘラクレス】



6コスト
プラセクト
パワー・6500
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「寡黙の魔人タキトゥス」があるならば、 このカードをスリープでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい


以前紹介した【寡黙の魔人タキトゥス】の相方
効果の関係で【プラセクト】のデッキに採用するのはやや厳しいため、【タキトゥス】の効果を理由する構築の中に採用する形に落ち着くかと思います




今回のカード考察は以上です

混色リソース効果(?)、エヴォルシード等、どんどん新しいカードの情報が出るたびにモチベーションが上がります


それに伴って、次弾環境が少しずつ透けて来ているので、3弾が発売されてから慌てない様に、準備していきたいと思います


『五帝竜降臨』発売まで、あと一ヶ月


新しい情報が出たら、そのつど考察していこうと思いますので、また暇な時に覗いてやってください

m(_ _)m

第3弾『五帝竜降臨』カード考察 2

今回はVジャンプの情報により判明した第3弾『五帝竜降臨』のカードの中で、注目カードである【ドラゴン】を考察していきます



【覇王竜カーディナルブレード】



7コスト
グロリアスドラゴン
パワー・9000
[起]<赤3>
ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、8000ダメージを与える


赤らしい攻撃的なバーン効果を持つドラゴン

起動効果で3コストを要求するため、登場したターンに効果を使うにはかなり重い

効果を有効に使う為には数ターン維持する工夫が必要であり、その為にデッキスペースを割かなければならない点等を考えると、採用はやや難しい

やはりこの手のバーンカードは、使い捨て感覚で気軽に使用出来るものに限る気がします



【機鋼竜ドライブピニオン】



8コスト
ギアドラゴン
パワー・11000
[起]<青1>
このカードを相手のプレイヤースクエア以外のゼクスのないスクエアに置く
この能力はこのカードがバトルをしている場合は使用できない


スクエアを縦横無尽に駆け回れる、なかなか面白い効果ですね

が、実用性を考えると頭を悩ませる効果です

使い方としては【誇りのフィエリテ】の様に、戦闘後に自軍エリアに引きこもる事

【フィエリテ】と違い、次のターンまで維持すれば、効果で再び前線で仕事が出来る点はしっかりと差別化が出来ています

また、相手ターンに効果を発動する場合は、相手との駆け引きを要求する使い方が可能

プレイヤースクエア等を囲んで殴ろうとする相手に対して、囲んでから殴るか、一撃ずつ殴って囲むかの順番を考えさせる・・・

例えば、相手ターン中で青を含むリソースが2枚以上残っていた場合、一体殴り、反応を見てから囲んで殴る方法を取った場合、一度このカードに効果発動のタイミングを与えてしまうため、囲むはずだったスクエアにこのカードを配置され、結果囲んで殴る事が出来ない状況を作られる可能性があります

その状況が見えているため、先に囲む為のスクエアにZ/Xを配置してから殴ろうとした場合、【ミリオンレイン】等のイベントが飛んで来て、コストを払い損になる可能性もあります

あなたならどうしますか?



まあ正解としては、まずこのカードを処理する、が正解なんですが、相手に様々なプレイングを強要出来るという意味では優秀なカードであると思います



【天界竜ホーリースカイ】


7コスト
エンジェリックドラゴン
パワー・9000
[常]あなたはダメージを受けない。


単純明快な効果ですが、このカードをしっかり維持する事が前提の為、なかなか使いづらいカード

パワーも9000と採用率の高い黒の『バルバルス』や緑の『木蓮』、白の『清廉フィエリテ』の効果発動時などに該当し、Z/X単体で突破される可能性がある点が評価を下げます

あと500あれば・・・

パワー高すぎてもいろいろ問題ありますが、このカードを倒さなければライフが減らせないため、置く場所によっては相手の行動をある程度強要出来ると考えれば利用価値は見いだせるかと思います

【滅獄竜デスティニーベイン】


7コスト
クルーエルドラゴン
パワー・9500
[起]<手札にあるカードを1枚トラッシュに置く>
ノーマルスクエアにあるコスト3以下のゼクスを好きな枚数選び、破壊する



手札一枚で3コスト以下のZ/Xを任意の枚数破壊可能

相手Z/Xはもちろん、自分のZ/Xも破壊可能なため、様々な使い方が出来るのも高評価

状況によりますが、劣勢の盤面を一枚でひっくり返せる可能性を秘めたカード

パワーも1コスト下の6コスト9500を一撃で落とせる数値であり、パワー・効果共に非常に優秀なカードであると言えます



【草華竜アイヴィーウイング】



9コスト
ヴァインドドラゴン
パワー・11000
[起]<緑5>
あなたのリソースにある「草華竜アイヴィーウイング」以外のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる


起動効果でリソースから自身以外ならどんなZ/Xでも登場させられるという、非常に強力な効果を持つZ/X

このテキストを真に受けると【樹海の乙女フィーユ】も出せるので、このカードを出すのに最速9コスト、1ターン維持して次ターン10コストから効果2回発動して【フィーユ】2体出すと大変な事になるって描いてある(笑)

上記は一例に過ぎず、状況に応じて様々なZ/Xを登場させられるため、緑を使用するデッキなら採用価値のあるカードであると考えられます


しかし優秀な効果であるが故に、登場コスト・効果の起動コストが非常に重く、基本的には登場後に1ターンこのZ/Xを維持する事が必要になるかと思います

このカードを使用する場合は、このカードを維持するための、そしてこのカードで何を出すのかを見据えた 構築とプレイングが必要になると思います




【まとめ】


いずれも強力な効果を持つ五竜ですが、全てに共通して言える事が


『重い』


そして、黒以外は基本


『維持しなければならない』


ってトコロが辛いですね

しかも、しっかりと維持する準備が整っていても、たった2コストで今回紹介した全てのドラゴンを焼き払えるカードもあるので、ドラゴンを使う予定の方にとって次の環境次第では非常に厳しい状態になるかもしれません


まあ、私個人としてはメインデッキとは正反対の方向にメタが向いてくれるのはおおいに歓迎するんですが(笑)


いずれにしても、次の環境も高度なメタゲームが期待出来そうなので楽しみでしかたありません



今回はここまでです


次回は五竜以外のテキスト判明カードの紹介を予定しています


またお暇な時に覗いてやってください

m(_ _)m


こちらの記事は2012年12月21日15時20分に訂正しました

訂正内容

【天界竜ホーリースカイ】

パワー8000→パワー9000


数値修正により記事の内容も変更しました

誤った情報を掲載してしまい申し訳ありませんでした

今後はこのような事が無いよう、しっかりとした情報確認を行ったうえでの記事掲載を心掛けていきますので、今後ともよろしくお願いします

第3弾『五帝竜降臨』カード考察

2013年1月25日発売の
『五帝竜降臨』


新システム【エヴォルシード】の本格導入や、多色デッキプッシュなど、新しい取り組みが大分見えて来ました


まだ早いかなと思いつつ、判明カードの考察をやっていきます



まずは【赤】から


判明しているカードでは【ブレイバー】と【ギガンティック】の強化が見られますね


【傾城の美女 貂蝉】


2コスト
ブレイバー
パワー・3500
ヴォイドブリンガー

私の知識が無いせいかも知れませんが、Z/Xって読み方難しい漢字を使ったカード多過ぎじゃないですか(笑)


【ブレイバー】待望の【ヴォイドブリンガー】というか2コスト3500


【卑弥呼】と組合せると、合計5コストで11000の火力、正直笑えない



【獰猛な虎目石タイガーズアイ】


4コスト
ギガンティック
パワー・5000
エヴォルシード
ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、5000ダメージを与える


個人的な感想は前回の記事通り


薄々思っていたのですが、このゲームのバーンカードってやたら強くデザインされて無いですか?



【強靭な紅玉髄カーネリアンベア】


6コスト
ギガンティック
パワー・8500
スクエアにあるあなたのすべての[ギガンティック]は以下の効果を得る
[自]このカードが攻撃した時、ターン終了時まで、このカードのパワーを+1000する


【清廉な想いフィエリテ】が出て以来、この手の常駐効果で6コスト以上のZ/Xに対しての対策が厳しくなって来ているので、正直キツイ印象


このゲームのパワーパンプ効果は、相手ターンまで効果が及ばないと厳しいですね



【獅子心王リチャード1世】


6コスト
ブレイバー
パワー・8500
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「聖獣オーラユニコーン」があるならば、 ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、6000ダメージを与える


このゲームのバーンカードってやたら強k(ry

効果発動のトリガーがかなり特殊で面白いカードですね

カードプール増えて来たら【家庭的なセージ】なんかのリソース置けるカードと組み合わせたりすると面白そう

実際回してみないとわかりませんが、リソースに置くだけで6000バーンは、数字だけ見れば脅威


またウチの【リゲル】さんの敵が増えた


相方の【オーラユニコーン】が【白】のカードなので、効果発動を狙うなら多色デッキになりますね


本音を言うと、この手の多色デッキを意識したカードより、同色サポートが先に欲しかった


まあ情報が全て出ている訳ではないので、今後の情報に期待




続いて【青】のカード


【レーザーブレード ベネトナシュ】


IG
3コスト
バトルドレス
パワー・5000
ライフリカバリー


【ホウライ】はライフリカバリー含め、3種類目が出るというのに、やっとまともな3コストパワー5000IG持ちの【バトルドレス】

あと2種類は早急に欲しい



【娯楽合体プラチナオーラム】


4コスト
メタルフォートレス
パワー・6000
[起]<チャージにあるカードを1枚トラッシュに置く。>
あなたのデッキの上から2枚のカードをトラッシュに置く


お前を使うぐらいなら、おとなしくイグニッションする

指定して2枚送るなら壊れカードだったけど、現状使い所がトラッシュ枚数参照の効果の補助と、あわよくば【エヴォルシード】使えるか程度かと



【オリジナルⅩⅢ Type.Ⅹ“Mb29Ve”】


6コスト
バトルドレス
パワー・9000
[起]<青1>ノーマルスクエアにある相手のコスト3以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す


効果発動するなら、1コスト以上は残しておきたいので、実質7コスト以上のカードと認識してます

【ウィニー】対策として非常に優秀な部類に入るカードですね

効果の関係で、相手Z/Xに囲まれるようなスクエアにも強気に出していけると思われるので、その点も高評価

【ウィニー】にこのカードが出る前に押し切られたり

【赤】のカードに、効果発動のタイミングすら貰えずに『上手に焼けました~』って言われる未来しか見えないけど、そんなことは気にしない



次は【白】のカード



【迷探偵ロシアンブルー】


4コスト
ケット・シー
パワー・6500


【ケット・シー】の4コストパワー6500

【ケット・シー】全体が増えてくれば、もちろんお呼びがかかるカードですが、現状【白】には同コスト同パワーが2種類存在するため、採用価値は薄いですね

猫派の方は是非どうぞ



【聖獣オーラユニコーン】


4コスト
セイクリッドビースト
パワー・6000
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースに「獅子心王リチャード1世」があるならば、ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、パワーを-5000する


前述の【リチャード】の相方

私は【赤】と【白】を組み合わたデッキを組んだ事が無いので、相性がいいのか判断が出来ないのは申し訳ないです


今後、研究対象として回してみたいと思います



【ロウブリンガー アララット】

4コスト
ガーディアン
パワー・6000
エヴォルシード
ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-3000する


効果発動出来ればだいたい2コスト分の補助


この手のカードを見ると、もっとダメージ効果とパワーマイナス効果の大きな差別化が出来ればいいのにと思います



【聖獣オーラコアトル】


6コスト
セイクリッドビースト
パワー・8000
[常]スクエアにあるすべてのあなたの[セイクリッドビースト]は以下の効果を得る
"[自]このカードが破壊された時、ターンの終了時まで、スクエアにあるすべてのあなたのゼクスのパワーを+2000する。"


効果自体は非常に優秀な効果

ただ、あと500パワーが欲しかったのと、【セイクリッドビースト】の種類がまだ少ないため、そこまで良い評価は出来ないですね



【幻のシュート】


イベント
1コスト
ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、あなたのチャージにあるカード1枚につき、パワーを-2000する


発動コストも安く、最大値(【ルシファー】の効果は別)パワー8000マイナスと破格の性能になる、面白いカード


ただ、安定した仕事は出来ず、多少相手の行動に依存するため、個人的な評価は低め


チャージを増やしやすく、自分のターン中にチャージを残していても不自然ではないデッキなら、採用機会があるかと思います



お次は【黒】のカード



【かぼちゃお化けのジャックランタン】


3コスト
ノスフェラトゥ
パワー・5000
ライフリカバリー


優秀なカードが多い【ノスフェラトゥ】から、2種類目の3コスト5000IG持ち
種族間のシナジーが見込めるカードが出てくれば【ノスフェラトゥ】のデッキは強い物が作れそうなので、こういったデッキの基盤になるカードの収録は嬉しいです



【寡黙の魔人タキトゥス】


5コスト
ディアボロス
パワー・7000
[自]このカードがリソースに置かれた時、あなたのリソースにカードが5枚以上あり、 その中に「剛角グレートヘラクレス」があるならば、あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置く


【リチャード】【オーラユニコーン】と同様のシステムを持ったカード


まだ相方の【グレートヘラクレス】の情報が無いのでなんとも言えないところはありますが、発動条件にリソース枚数を付けているトコロにセンスを感じる


このカードにリソース枚数参照の条件が無ければ、最速先行2ターンでゲームが終わる可能性があった


こういったプレイ環境に気を使った感じが漂ってくるカードデザインを見ると、なんかホッとする



【ディザスターブレード】


イベント
3コスト
あなたのトラッシュに[ノスフェラトゥ]が25枚以上ある場合、ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、破壊する。 破壊したならば、あなたのトラッシュにあるすべての[ノスフェラトゥ]をデッキに戻し、シャッフルする。


発動条件がまぁ厳しい

デッキ全部を【ノスフェラトゥ】で埋めないとかなり難しいと思います

頑張って発動出来ても1枚除去だけと、やや残念

後半の【ノスフェラトゥ】をデッキに戻す効果をいかに上手く利用出来るかにかかって来ますね

今後出てくるカード次第では化けそうな一枚



不敵な旋棍 芍薬】


IG
3コスト
ホウライ
パワー・5000


【ホウライ】3種類目の3コストパワー5000IG持ち

まあ贔屓って言われてもしょうがないね(笑)

しっかりした【ホウライ単】が組める日も近いですな



【苛烈な手甲鉤 百日紅】


6コスト
ホウライ
パワー・9000
エヴォルシード
あなたのチャージにあるカードを1枚選び、リソースにスリープで置いてよい


もう何も語るまい


発動コストか枚数制限だ


それだけで問題なくなるから



【リトルガーディアン】


イベント
3コスト
リソースにあるカードを6枚まで選び、リブートする。その後、このカードをチャージに置く。


何だか話題になっていたカードみたいですが、単純に手札1枚使ってこの効果なら、あまり優秀なカードではないかと思います


このカードだけでは何も出来ない

前半と後半の効果にシナジーがない

3コストは正直重い


パッとあげただけでも悪いトコロしか見えない

うーむ、1ターンで大型2体並べたければ【フィーユ】なんかを使う方が早いし、私が気付いていないだけで、他の使い方があるのかな?

いろいろ調べて使い方を見つけてみます




今回は以上です

まだ100枚中20枚ぐらいのカードしか判明していない状況なので、今後に期待が膨らみますね


何か情報が出るたびにブログは更新していくかと思いますので、またお暇な時にでも覗いてやって下さい

m(_ _)m

【エヴォルシード】を考える②

先日【エヴォルシード】についての話をさせていただきましたが、今回はカードの効果を見ながら、より具体的に【エヴォルシード】を考えていこうかと思います



【途惑いの少女アリス】

以前【黒】の優良カードの記事でも紹介しましたが、私が【エヴォルシード】というシステムを危険と感じたカード


フリーカード版しか現在は存在しませんが、製品版でパワーが上がる可能性を考えるとぞっとします


効果は


[自]エヴォルシード(このカードがデッキからトラッシュに置かれた時、以下の効果を解決する。) あなたのトラッシュにあるコスト3以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す



非常にシンプルなトラッシュからZ/Xを回収する効果ですが、効果が発動すれば単純に1枚のアドバンテージが取れ、タイミングによってはゲームを決定付ける効果になりえます


例えば【赤】なら

【日出づる国の女王 卑弥呼】
【煌きの金ゴールドピーコク】


【アリス】と同色【黒】なら

スタートカードの
【復讐の魔人ウルティオー】
を使いまわしたり


その他の色でも単純に手数の補強に3コスト、2コストのZ/Xを回収すれば、それでゲームが終わらないにしても、選択肢の幅が広くなるだけでかなり有利に働きます

この事は【ウィニー】であろうが【ファッティ】であろうが同様かと思います


ここまでの話で気付いている方は多いかと思いますが、この【アリス】



『全てのデッキに入ります』



具体的に言うと


①上記の通り効果が強力

②現存するほぼ全てのデッキに3コスト以下のZ/Xが入るので、ほぼ全て(デッキ切れ時の処理後でない限り)のタイミングで効果の不発がない

③効果発動にコストが存在しない(【月影葬送牙】のようなリソース縛りも無い)ため


この3つです


手札に来てしまった場合、現在フリーカード版でのパワーは4500のため、なかなかスクエアに展開することが難しいですが、これも単純な話で、リソースに置いてしまえばいいだけです


余程特殊な構築(【マジカルフェンサー エルナト】の効果等を狙う構築)や、デッキの空きスペースが全くない状態で無ければ、4枚分のスペースを空けるだけで、お手軽にアドバンテージを稼げるこのカードを投入できます

デッキ内の【黒】のカードがこのカードのみの場合、リソース事故(手札とリソースが噛み合わない時)があります、それは否定しません


ですが、経験上は50回ほど対戦をした中で1度あるか無いかのレベルでした


事故が発生する危険性を考える以上にこのカードの効果は優秀であると、私は考えます



【獰猛な虎目石タイガーズアイ】


第3弾に入る予定のカードです


効果は

[自]エヴォルシード(このカードがデッキからトラッシュに置かれた時、以下の効果を解決する。) ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、5000ダメージを与える。


このカードの情報を見た時にZ/Xを辞めようかと思いました


5000ダメージと言えば3コスト効果なしのZ/Xの最大値


3コストまでのカードを破壊するだけなら、先日先行収録された【月光の魔姫クイーンカグヤ】が存在しますが、その効果とは大きく意味が違います


このカードの効果を発動させると、現存するほぼ全てのZ/Xを3コスト効果なしのカードで処理可能になる点です


さらにいうと、このカードの効果の後にイグニッションで3コスト5000のカードが出た場合、ノーコストでノーマルスクエアにいる、ほぼ全てのZ/Xを処理出来るということです


これがゲーム性においてどれ程危険なコトか・・・



【ゲーム性への影響】


とりあえず枚数制限(8枚ぐらい)があれば全部解決なんですけど


まず、以前の【エヴォルシード】の記事でも書きましたが、イグニッションの成功率が【エヴォルシード】を30枚投入することにより、100%何かしらの効果が発動する構築にした場合、現存する【チャージ】を使用する効果の存在価値がほぼ無くなります


【チャージ】を使う効果は、成功するかどうか不確定なイグニッションの機会をふいにして、確実にアドバンテージを稼ぐもの、と私は認識していました


それが【エヴォルシード】があることにより、【チャージ】を使用する効果と同様、もしくはそれ以上の効果が臨めるとなれば、その効果を使用する理由が薄くなるのが当然です



次に、強いデッキタイプがかなり絞られること


【エヴォルシード】が強いとなれば、その主な発動トリガーであるイグニッションの試行回数を増やすこと、しいては【チャージ】を溜めることに特化したデッキが増えるコトが目に見えます



ゲーム性の関係で、その特化したデッキに勝てるであろうデッキはおそらく同系のみ



想像したくもない環境ですが、安易に想像出来てしまいます


現状では上記で説明したカードを含み、チャージを増やすことが得意な【赤黒】が筆頭でしょう




【最後に】


他にも【エヴォルシード】を持つカードは存在しますが、どのカードの話をしても、結局いままでの話を繰り返すだけなので割愛


これまでの【エヴォルシード】の話は、現在情報の出ているカードの中で、私なりに考えたコトであり、今後の情報次第ではあっさりと手の平を返すことは十二分にあります


この話も『そんな未来もあるかもね』程度に見ていただければ幸いです



私にとって【Z/X】は、様々なカードゲームが台頭して来た業界内で、久々に面白いと感じられたゲームです
先の展開を考え、どこのスクエアに何を置くのかを迷うのも

イグニッションでめくれるカードに一喜一憂するのも楽しいです


いちユーザーの戯れ事ですが

このゲームが、より多くの人に長く愛されるゲームである事を願います



12月13日 今日のペヤング

別ゲーの話ですいません

ヴァンガード焼きそば初体験


中身がどうなってるのかと、期待しながら開封


くっ、かやくとかと一緒にPRが入ってやがる


カードだけ抜き出して、焼きそば放置はちょっと難しいか・・・


お湯を入れて3分後


いただきま~す





うん、いつものペヤングだね(笑)


さてさて、PRカードは何が入ってるかな~


開封!






うーん、ゴルパラにこれを使う余裕はないかな


一応レートもチェック






1枚400円だと・・・・・


2食分帰って来た(笑)



とりあえずコンプするまで毎日食べる


なるべく早くコンプ出来ればいいな(食生活的な意味で)

オリジナルⅩⅢ Type.X“Mb29Ve”

昨日公表された、第3弾に収録されるカード








エヴォルシードのおかげで、少々モチベーションが下がってましたが、画像見て一気に上がりました(笑)



人間って単純ですね


【エヴォルシード】を考える

こんにちはNAnairoです


今回は【エヴォルシード】について考えていきます


皆さんご存知とは思いますが、【エヴォルシード】について説明を


【エヴォルシード】とは

(このカードがデッキからトラッシュに置かれた時、以下の効果を解決する)〜〜


という効果の総称


具体的に言うと
イグニッションに失敗したり、カードの効果などでデッキからトラッシュにカードが送られると発動する効果です


回りくどい説明は後回しにして結論から


【エヴォルシード】は強いです


【エヴォルシード】の強さ①[イグニッションフェイズ]


先程説明しましたが、イグニッションで捲れてトラッシュに送られた場合でも効果が発動するため、21枚目以降のイグニッションアイコンを持つイベントカードとして運用が可能


イグニッションでカードの効果が発動することがどれほど展開を左右するかは、プレイヤーの方なら誰もが知っているコト


【エヴォルシード】が出るまでは[イグニッションアイコン]のついたカードはデッキに20枚までと制限を設けていたため、[イグニッション]の成功率は約5分の2

しかし、【エヴォルシード】は採用枚数に上限がない(2012年12月現在)ため、ある意味での[イグニッション]の成功率を100%にすることも可能

正直チャージをコストとするカードの存在価値を無くしかねない状況です



【エヴォルシード】の強さ②[手札に来た場合]


デッキ内を【イグニッションアイコン】のついたカードと【エヴォルシード】のついたカードのみで構築した場合、否応なしに手札にそれらのカードを握ってしまいます

【エヴォルシード】のついたカードは効果が付与されているため、効果を持たないモンスターと比べるとパワーにおいて劣ります

しかし、戦闘が全く行えないほど低いパワーでもない(むしろ【エヴォルシード】の効果でサポート出来ればむしろ強い)ため、普通に手札からスクエアに展開することもできます



上記2点を【エヴォルシード】の強い理由としてあげました
まとめると


エヴォルシートを入れない理由がない


てコトだと思います


私がプレイヤーとして危惧していることですが、今後のZ/Xはタイミングよく強い[アイコン]持ちのカードを捲るだけのゲームになるんじゃないかと思っています


今情報が出ているカードがそのままの効果、そのままのルールであった場合の話ですが


それ程【エヴォルシード】というシステムが、これまでのZ/Xを否定するシステムになるのではないかという危機感を持っています


せめてデッキ内での枚数制限を設けるなり、全ての効果に発動コストを要求するようにしたりすれば、今までのゲーム性に対してのアクセントとして面白い要因になるのに…


私が危惧している状況に陥ることなく、Z/Xがよりよいゲームになってくれることを願います


【清廉】白緑黒ビートダウン

以前紹介した【清廉な想いフィエリテ】を中心としたデッキ

もういじるトコが殆どないという状態まで煮詰める事が出来たので、再度デッキレシピを紹介

以前からの改善点は【勇壮なクラージュ】や【魅惑の七支刀 月下香】をデッキのアクセントに加え、大型のZ/X(フィエリテで対処出来ないレベル)への解答を増やした点

フリーカードの【途惑いの少女アリス】を加え、手数をより確保しやすい構築にした点です



【清廉】白緑黒ビートダウン


プレイヤーカード

天王寺飛鳥


スタートカード

復讐の魔人ウルティオー×1


Z/X(IG)

聖獣オーラペガサス×4

持ち逃げするメインクーン×4

空のシエル×4

ロウブリンガー ダウラギリ×4

星のエトワール×4


Z/X(エヴォルシード)

途惑いの少女アリス×4

月光の魔姫クイーンカグヤ×2

Z/X

創造のクレアシオン×4

のんびり屋のルリジッサ×3

凛とした簪 黒百合×4

百獣王ウェアライオン×2

勇壮なクラージュ×2

きれい好きのレモンバーム×2

魅惑の七支刀 月下香×1

清廉な想いフィエリテ×4


イベント

武皇剣閃撃×1



デッキレシピは以上です


以前のデッキと基本的に動きは同じですが前述の通り、【フィエリテ】で突破出来ないカードに対する明確な解答として【クラージュ】【月下香】を据え、対応力を上げた構築にしました


しっかりとリソースを伸ばす事と、【フィエリテ】を維持することに気を配っていれば、イグニッションなどで大きくアドバンテージを取られない限り、どのデッキに対しても対等以上の勝負が出来るデッキに仕上がっているかと思います

第2弾環境優良カード【緑】

今回で最後ですね

最後は【緑】のカードの紹介


【緑】と言えばリソース

リソースと言えば【緑】


といっても過言ではないほど、リソース関連の効果の多い色


リソースを増やす効果

リソース回収

Z/Xのリソース送り


特にリソースを増やす効果を持つカードは、ほぼ全てのデッキの補助として非常に優秀なため、様々なデッキに組み込まれています



【のんびり屋のルリジッサ】
【きれい好きのレモンバーム】



【緑】のリソースをためる効果の代表格


破壊時にチャージに送られずにリソースに送られるZ/X


リソース4枚時に【ルリジッサ】、次ターンに【レモンバーム】と繋げ順当に破壊されれば、4ターン目にリソース8枚と現存する全てのZ/Xを使用可能であり、大型Z/Xを運用するデッキならば、これほど強力なサポートは無いです


弱点とすれば

チャージがたまらないのでイグニッションを行う回数が少なくなる

手札に戻すなど、破壊を介さない除去に弱い

後半に手札に来ると仕事がない


チャージがたまらない事は、【黒】などに多く見られるチャージをコストとする効果との噛み合わせが悪い他、イグニッションの試行回数が減るため、イグニッションによる間接的なトラッシュ肥やしがしづらいなど、相性の悪いデッキも存在するので注意


手札に戻す効果(バウンス)は【ルリジッサ】が特に注意が必要

よく見かけるバウンス効果として、青のスタートカードである【アルフェラッツ】、青の優良カードでも紹介した【アヴィオール】、【バトルドレス】のアタッカーとしてよく採用される【フォーマルハウト】などのバウンス範囲にピッタリ当てはまっていて、【ルリジッサ】が仕事を出来ずに処理されてしまう可能性があるので、相手が【青】を含むデッキを使用している場合は【ルリジッサ】をスクエアに出す場合は慎重に


後半に手札に来てしまう場合の対処としては、そもそもの採用枚数を調整する事で対応

早めに貯めたいコストが6なら【ルリジッサ】を7コストなら【レモンバーム】に絞って採用

なるべく初手に引きたいので、最大限積みたい気持ちもありますが、1枚減らすだけで、後半引きすぎる状況はある程度解消出来ます

この2枚は非常に優秀なカードですが、採用枚数や使用タイミングを見極める必要があるカードです



【たおやかなる薙刀 菖蒲】


登場時効果でリソースからカードを回収出来るZ/X


単純に手札が増えるため強力な効果ですが、リソースの枚数が一枚減っているので、考えなしに使用すると、その後の展開に支障をきたす可能性があるのには注意


このカードを使う前提だと、強力な効果を持つものの効果を十分に発揮出来る機会が限定されるカード(【四足ズィーガー】など)を比較的気軽にリソースに置けるため、そういったカードで手札を圧迫するのを防ぐ事が出来ます


ただ、リソースに埋めたカードが必要な時に都合よくこのカードが握れているかと聞かれればそうではないため、あまり過信しすぎるのも危険


採用枚数を検討し、適当なタイミングで使えるようなプレイングを心掛ければ、いい仕事をしてくれるカードだと思います



【魅惑の七支刀 月下香】


第2弾のSRの中で別格の評価を受けているカード


終盤では単体パワー10000を軽く超えてくるので対策を怠ると、どうやっても突破が不可能、なんて状況も結構あります


ですが、そこまで大きくなるのを黙って見ていてくれるほど相手も優しくないため【月下香】を採用する際は、最終盤に引ければいいか程度の気持ちでのピン挿し、もしくは専用構築をした4積みのいずれかかなと思います


使用の際も適当にスクエアに投げるだけでは、小型に囲まれてボコられたり、無視されてしまう可能性もあるため、相手の1番嫌がるであろう場所を考えて登場させる必要がありま



【樹海の乙女フィーユ】


登場時にリソースのコスト6以下のZ/Xを場に出すことが出来るZ/X


自身のコストが8と重いZ/Xですが、それを補って余りある効果です

このカードも単純に使用すると前述の【菖蒲】同様にリソースが減ってしまっているので、その後の展開に支障の出ない様に気を配りながら使用することが大事


効果で登場させるZ/Xは、登場時に効果の発動が出来るカードが相性がいいですね

同じ緑であれば、上手く噛み合えば減ったリソースを補充出来る【高潔の金剛杵 木蓮】がパワーも高く強力

他の色なら【アドミニストレータ デネボラ】や【狂気の魔人ルナティクス】などの登場時効果を狙うのもいいでしょう



場を固めるならば単純に6コスト9500のカードや、リソースがかなりたまっていれば、前述した【月下香】を呼んで来るのも非常に強力


今後6コスト以下の強力な登場時効果を持つカードが増えれば増えるほど評価が上がるであろう一枚




【緑】のカードの紹介は以上です


他にも【プラセクト】のメインパーツである【変色蜥蜴アップルカメレオン】や【茨虫ソーンクレスト】の紹介なんかもしたいトコロですが、この2枚の話だけでかなり長くなってしまいそうなので、今度【プラセクト】のデッキ紹介をするときにお話させていただこうかと思います


いよいよ今週末にスターターデッキが発売されます

これを機会に始める人も増えるでしょうし、以前紹介したように【清廉な想いフィエリテ】は環境を変える程のパワーを持っています


今後もいろんなカードの登場により、さらに面白いゲームになってくれるはず


その都度ここで色々と発言していこうかと思っているので、また時間のある時にでも覗いてやってください
m(_ _)m

第2弾環境優良カード【黒】

今日は【黒】のカードの紹介です


【黒】と言えば、Z/X破壊、トラッシュ回収、手札破壊、チャージ加速と、目に見えるアドバンテージを取ることを中心としたカード効果を多く持つ色です


各効果の使い勝手の良さからか、様々な色のデッキと組み合わせる事が出来るため、後日紹介する予定の【緑】と同じぐらいよく見かける色かと思います




【四足の勝利者ズィーガー】


Z/X単体では現環境最高クラスの突破力を誇るカード


効果発動時の合計パワー12000

詰めの一撃

小型に囲まれた状況への解答としても優秀


効果発動コストがチャージ3枚と重く、チャージを貯めやすい専用の構築や、効果を発動することを前提としたプレイングを要求されますが、そのリスクに見合った性能


登場コスト4と軽めなので、手札事故要因になりづらいのも高評価



【冥司教スケルタルビショップ】


コスト5以下のZ/Xをトラッシュから回収する効果


デッキのキーカードが5コスト以下のデッキに【黒】を混ぜるなら是非とも投入したいカード


このゲームは現状、カードをデッキ内からサーチする効果が無いため、間接的(イグニッションでトラッシュに落とす等)にでも必要なカードを回収出来る効果は非常にありがたいです


パワーも8000あり、ある程度バトルをこなせるレベル
なるべくなら、このカードの使用コスト+回収したカードのコスト分のリソースがたまった状態で登場させたいですね




【復讐の魔人ウルティオー】


私個人の意見では、現存するスタートカードの中で1番優秀なカード


【魔人の目覚め】を内蔵したZ/X


【スケルタルビショップ】のトコで書きましたが、トラッシュからの回収は非常にありがたい


相手の行動にあまり依存せずに使用出来るのも魅力


トラッシュの枚数が増える中盤から、戦況を見ながら使用タイミングを伺い、その時1番必要なカードを回収したいですね


効果でこのカード自身を回収する事も可能なので、5コスト4500の不死身のZ/Xとして使用することも出来ます



【戸惑いの少女アリス】


現在配布中のフリーカードの一枚

新システムの【エヴォルシード】を搭載したZ/Xで、デッキからトラッシュに落ちるだけでコスト3以下のZ/Xを回収出来るカード


【黒】を使わないデッキでも、このカードだけを4枚積むことだけで、手札の安定感が大分かわります


どのデッキに対してもほとんど違和感なく使えてしまうので、強力なカードではありますが、このようなカードはあまり増えてほしくないです



【ブラックユニオン】


使用ターン中に登場した3コスト以下のZ/Xを破壊するカード


基本的にどのデッキにも3コスト以下のZ/Xは存在するため使用機会は多く、使用コスト1と軽く、無理なくイベントを構える事が出来る点が優秀


使用タイミングは限定されていますが、自分の大型Z/Xやライフを守るには十分な効果


序盤から中盤にかけて、盤面が拮抗した場面での使用が望ましく、相手の計算を狂わせるタイミングで発動出来れば、勝ちを大きく引き寄せる一手になりうるカードです




【黒】のカード紹介は以上です

紹介していないカードでは【月影葬送牙】がいろんなプレイヤーさんが高い評価をしているのを目にしますが、私自身はちょっと採用するのは難しいんじゃないかと思っています

理由としては

Z/Xの展開にほとんどのコストを使用してしまうため、相手ターン中に余裕を持って発動することが難しい

対戦するデッキ(ウィニーなど)によっては効果が薄い

イグニッションでめくれた時に不発になるケースがある

使用コストが大きい(残すコストが多い)ため、相手ターン中に構えていてもほとんどバレバレなので奇襲性がない


といったトコロでしょうか
うーん悪いことしか書いてないな

不快に思われた方がいたら申し訳ありません

書いてあること自体は強力なので、絶妙のタイミングで使用出来るとやはり強いですが、上記のような安定性の無さが採用を躊躇してしまう1番の原因ですね

今後の環境で、大型のZ/Xを早い段階で展開するデッキが流行ったり、バトルで破壊出来ないZ/Xが出たり、安定してイベントを使用することをサポートするカードが増えたりすれば、デッキへの採用を検討しますが、現状では厳しいと考えています



最後にタイトルと反する話をしてしまって申し訳ありません


次回は【緑】の優良カードの紹介をさせていただこうかと思います


また機会があればのぞいてみて下さい

お付き合いありがとうございました

m(_ _)m

プロフィール

NAnairo77777

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。