スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7弾《運命の相剋》カード評価

第7弾《運命の相剋》発売から20日

皆様、7弾環境をエンジョイしていますでしょうか

7弾は個人的に注目しているカードが多く、デッキ作成が楽しくてしょうがないです

今回は《運命の相剋》の個人的注目カードの評価をいつも通り偏見満載でやっていきます


まずは《赤》のカード


《神盾職人アイギス》

《マイスター》の効果持ち《ヴォイドブリンガー》
《グラディウス》などと非常に相性がよく、スクエア内で腐りにくい
《マイスター》もカードが出そろってきた感じがありますね
あとはデッキの主軸になれるフィニッシャー?が出てくれれば、《マイスター》メインのデッキが活躍できそうです


《一角兎アルミラージ》

《ミソス》の効果持ちライフリカバー
《アテナ》と組み合わせると7500まで見れるのはなかなか
《ミソス》は単体で強いカードが多い反面、《ミソス》全体でのシナジーは薄い
その手のカードが出てくれば、非常に面白い種族なので、今後に期待


《雷神の娘 立花誾千代》

《誾千代》が一発で変換できてびっくりした(笑)
後述の《ウィンディ》の相方
《ウィンディ》の効果があれなので、こちらの効果がおまけみたいに言われているが
ノーコスト8000バーンが弱いわけもなく
《誾千代》《ウィンディ》を見たら、ゼクスを置く位置を慎重にならなきゃいけないので厄介


《鏡の国の魔獣ジャバウォック》

相手スタートカードを中心に除外ゾーンでお・も・て・な・し
打点面に不安があるものの、非常に強力な効果
イグニッション試行回数を減らし、チャージトラッシュからの再利用を妨害できるため、刺さると痛い


《短気な硫黄サルファーボア》

条件付き3000バーン
ノーマルスクエア限定、効果込で、10500まで対処可能
久々?に昔の《ギガンティック》らしい効果
最近は自爆やらハンドレスやらの効果が多く
種族の特徴が4弾ぐらいからブレブレになっていた《ギガンティック》ですが
この手の効果の方が使いやすいので、是非この路線でお願いしたい


《流浪の刀鍛冶 長光》

後述の《榎》の相方
使ってみた感じだと、手札の消費が激しいのが非常に辛かったです
手札を増やすギミックを積みつつ、リソース9枚以上の時に
このカードと、出したいゼクスを同時に持っていなければいけないってのがプレイング、構築共に難度が上がる
しかし、書いていること自体は決して弱くは無いので
今後のカードとのかみ合わせ次第では非常に面白いのではないかと期待しています


《服飾職人ラグジュアリ》

現状《マイスター》よりもほかのデッキで活躍しそうなゼクス
一旦維持して《サエウム》を投げ続ける機械と化した《ラグジュアリ》を見たことがありますが、地獄絵図でした(笑)
上記のように4コストの登場時効果持ちを投げるのが主な仕事かと思います


《正義の女神アストライアー》

《ブレイバー》待望の10500打点。それだけで評価されるレベル
効果もコストが気になるものの、いざという時に役に立つ効果
自分のゼクスが焼けるのも強いです


次は《青》のカード


《奏流フロート》

自分限定の《ジャムセッション》内蔵のヴォイドブリンガー
捲れるより、手出しの方が使い勝手がいいのはアイコン持ちとしてはいかがなものか
移動を軸にするデッキはもちろん、その他のデッキでも、ライフを削る手段を増やしたりと
やれる仕事が多いのは高評価


《ミラージュダガー ベラトリクス》

フリーカード時から《青》の優秀なライフリカバリーとして重宝されていた子
捲れても手出しでも非常に優秀


《シャープスライサー エニフ》

後述の《オーラクラーケン》の相方
手札一枚でコストに関係なくデッキバウンスできるのは強力
使うタイミングが難しいカードではありますが、パワーも4コスト6000と高いのも魅力


《殴打機械バッテリー》

後述の《ニジェール》の相方
以前のレシピ記事で紹介させていただきましたが、バウンスを通常の除去に変換する効果
小型をバウンスするデッキより、大型をバウンス出来るデッキへの採用を推奨


《オリジナルXIII Type.IX “Rt23Ar”》

コチラも以前の記事で紹介させていただいたカード
非常に強力な効果ですが、対処法は多く存在するので、出されたときは
慌てず騒がず処理しましょう


《蒼星神器ローレンシウム》

《ローレンシウム》もずいぶん評価が変わりました
最少1コストですが、3・4コストぐらいになってからがエグイです
《怜亜の決意》などの強力なサポートのおかげもあり、しっかりと戦えるようになりました


次は《白》


《スクープを追うマンチカン》

《ケットシー》の効果持ちIGアイコンカード
効果発動込で3コスト6500まで対応可
《マンチカン》の登場で、IG枠をすべて《ケットシー》で埋められるようになりましたね
ミケ?そんなカードありましたっけ?


《そよ風のゼフィール》

後述の《スワロウテイル》の相方
今回のリソースリンクの中で個人的に一番評価の高いコンビ
デッキ切れの緩和、アイコン戻してIG確率上げなどなど
打点もそこそこあるので使いやすい


《聖獣オーラクラーケン》

前述の《エニフ》の相方
こちらも使い時が難しいカードではありますが、返しの起点としては強力


次は《黒》


《ツンツンするウェンディ》

前述の《誾千代》の相方
置くだけハンデス強いです
最後の1枚まで狩れるのがいいですね


《漆黒の魔人ニジェール》

前述の《バッテリー》の相方
置くだけ除去強いです
油断して落とされたくない札を効果範囲に置いてしまって除去されることがたびたび
《誾千代》同様、このカードが見えたら置く場所注意


《星の翼クレプス》

黒待望の条件の緩い6コスト10500
ただ、プレイヤー指定のカードのため、安易にデッキに入れられないのがつらいところ
チャージ上限がなくなる効果もいまいち活かしきれない場面が多く
使い勝手のいいカードとは言いづらい
採用する場合はチャージを増やすギミックと併用を推奨
専用構築ならば、しっかり輝く子


最後は《緑》


《お目付け役のエルダー》

《ティンバーフォース》内蔵のスタートカード
非常に使い勝手がよく、単純なリソースブーストはもちろん
リソースリンクのパーツを手出しするのに気兼ねがなくなったりします
手札消費やスペースの関係で《ティンバーフォース》はなかなか採用しづらいって方は是非どうぞ


《獣人ウェアシェパード》

条件付き5コスト10500まで対応できるカード
緑単の構築では、早い段階での10500がきつかった印象がありますが、それを解決してくれるカード
効果範囲にPSが含まれていない点には注意


《八大龍王 娑伽羅》

個人的に今回のSR枠で一番評価の高いカード
素出しでも強いのですが
《スケルタルダンサー》や後述の《スワロウテイル》の効果などで自身のコストを軽減して出てきた時が強い
6・7コストのカードを主軸とするデッキで、緑が問題なく入るのであれば
常に採用を検討してもいいのではないかと思うレベルで使い勝手がいいです


《夢幻蝶スワロウテイル》

前述の《ゼフィール》の相方、最大3コスト踏み倒し
登場時効果のゼクスを出したり、リソースリンクのパーツを出して、エンドフェイズにリソースリンクを発動させたりと
いろいろと出来そうなカード
自身が5コストで、《スケルタルビショップ》などで回収も可能なところも優秀
自分は《スワロウテイル》効果→《娑伽羅》出す→《娑伽羅》効果で《翠緑菖蒲》→効果で《スワロウテイル》回収、とかやってます


《碧の狩人フィーユ》

緑のカードでは珍しく、リソースを経由せずに手札を増やせるカード
いままでは、手札を増やすために、青や黒の効果にお世話になっていた緑ですが
このカードのおかげで、緑単体でもリソースを減らさずに手札が増やせるようになりました


《誠実な雌雄剣 榎》

前述の《長光》の相方
リソースが増えるだけなら、《花蘇芳》でいいんですが
そこは相方の能力の違いで差別化していきたい



今回のカード評価は以上です

総評としては《ペンギンイェーガー》や《アマデダンサー》ほどではないですが、リソースリンクが豊作
今弾を期に、またいろんなデッキが作成できるようになり、ますます面白い環境になってきています
次弾は久々の《エヴォルシード》登場でかなり荒れるのではないかと予想しているのですが、どうなることやら

次の記事では、7弾カードを使ったデッキを紹介していこうかなと思っています
お時間がありましたら、また覗いてやってください

ではでは
スポンサーサイト
プロフィール

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。