スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2弾環境優良カード②【青】

今回は【青】のカードの紹介です


【青】と言えば、ドロー加速・バウンス・スクエア移動、この3つの効果が特徴としてあげられます

ただ、現状のカードの種類だと、これら3つの効果を混同させる意義はあまりなく、各カードを必要とするデッキへ出張させる使い方がほとんどかと思います

しかし、その1枚1枚のカードのポテンシャルは非常に高いため、サポート色として非常に強力です



【アドミニストレーター デネボラ】


オーソドックスな効果ながら、強力なカード


このカードをデッキに入れるためだけに【青】を混ぜる人も少なくないんじゃないでしょうか


似た効果に【メテオソード スピカ】が存在しますが、【スピカ】より効果の発動条件が緩く、コスト・パワー共に使用しやすい点が高評価


同コスト・同パワーのサポートカードに【のんびり屋のルリジッサ】【突撃騎兵カヴァレリスト】が存在しますが、この2枚と比べ、登場時に効果が発動されるため、効果発動の邪魔がされにくい点も評価につながります


ただ、現在は3コスト帯に【バトルドレス】が少ないため、最速2ターン目での使用が安定しないのが悩みのタネ


今後優秀な3コスト【バトルドレス】が増えるほど評価の上がるカード




【レーザーサイス アヴィオール】


効果により序盤は3コストバニラと同様の仕事が出来る【バトルドレス】


序盤に限れば3コストバニラ以上の働きを見せる強カード


Z/Xでは『バウンスは弱い』と言われるのが現在の風潮ですが、後述する【ミリオンレイン】とこのカードは別格です


評価出来る点としては

相手のチャージを貯めないお手軽除去

先程名前を出した【のんびり屋のルリジッサ】【突撃騎兵カヴァレリスト】等の破壊時効果の抑制

3コスト【バトルドレス】であるため、【デネボラ】との相性が非常にいい

この3つです


チャージを貯めさせない除去は、IGの試行回数が重要な早い展開を得意とするデッキ相手にはかなりの痛手


【ルリジッサ】【カヴァレリスト】などの序盤のゲームメイクを担うカードに仕事をさせない事は中盤以降の展開を左右します

【デネボラ】との相性ですが、先行1ターン目に【アヴィオール】で相手スタートカードをバウンス次ターン【アヴィオール】を処理して貰い、【デネボラ】に繋ぐことが出来れば理想の展開


中盤以降は仕事が少なくなることがありますが、それを補って余りある性能のカードです



【ミリオンレイン】


賛否両論あるカードですが、私の評価は非常に高いカードです


ウイニーに対する解答として非常に優秀なカード


考え無しに発動すると相手の手札が増えるだけのため、単純に発動するでだけでは十分に力を発揮出来ません

お互いのリソース枚数、手札、スクエアの状況、残りライフなどを総合的に判断し、相手の致命傷になりうるタイミングで発動する事が求められます


非常に扱いの難しいカードではありますが、うまく発動出来ればその見返りは大きいです


このカードを発動するために相手の行動を縛るプレイングが必要だったり、そのためのデッキ構築もある程度必要なため、採用出来るデッキは絞られますが、非常に強力なカードであると思います



【ソードスナイパー リゲル】


このカードのイラストを見てZ/Xを始めたって人が結構いるんじゃないでしょうか(笑)


イラストもさることながら、優秀なカードとして1弾環境から非常に高い人気を誇るカード


しかしその運用は難しく、リソースが5枚溜まって即出しすると、大抵次のターンに殴り倒されます

このカードの真価はスクエアに居座り続けてこそ発揮されるものなので、このカードを維持する方法を常に残す事が大事です

【武皇剣閃撃】などのパンプアップ系のカードで守ったり

自軍プレイヤースクエア横に配置する場合はその前のスクエアに一枚Z/Xを配置したり

相手のパワー5500以下のZ/Xを中央左右どちらかのスクエアに展開してもらって、そのカードに守って貰うように配置したりとやり方はいろいろ


維持出来る状況を作れば、あとはこのカードの【レンジ∞】を活かして狙い打つだけの簡単なお仕事


やはりどこに立ってもプレイヤースクエアを狙えるのは非常に強力です


【リゲル】を長い間放置したくないという気持ちを逆手にとって、相手に不利なスクエアへZ/Xの展開を強いる、なんてプレイングもアリです


大型のZ/Xを倒す補助や、小型の掃除など、とにかくやれる仕事が多く、戦略に幅を持たせてくれるカードとしてこれほど優秀なカードは多くありません


【艶奏プッティーニ】


いま私がイチオシのカードの一枚


相手のZ/Xを隣のスクエアに移動させる効果を持ちます


この効果の最大の仕事はプレイヤースクエアを囲まれた状況の打破、これにつきます


序盤で相手のイグニッションの調子が良く、早々に2体でプレイヤースクエアを囲まれて殴られ続ける経験ありませんか?


そんな時はこのカード、これ一枚でその状況を打破できます


1体にはプレイヤースクエアに手が届かない位置に移動してもらい、もう1体は普通に殴り倒す


仕事の出来ない(攻撃機会のない)スクエアへの移動はすなわち、除去をした事と意味に大差はなく
単純にこれ1枚で2枚のカードの処理を行えていると言えます

まあ実際に除去している訳ではないので、その後に移動させたZ/Xに極力仕事をさせないプレイングが必要ですが、劣勢をある程度覆す事が出来るのは非常に優秀な効果です


【プッティーニ】には同コストで自分のZ/Xも移動出来る【奏声ヴィーヴァル】が存在しますが、【プッティーニ】は自分のZ/Xが移動出来ない代わりにパワーが500高く、4コストまでの攻撃なら耐える点も評価しています(実際自分のZ/Xを動かす機会があまり無いのもありますが)


プレイヤースクエア横に引きこもったZ/Xを引っ張り出したり、攻撃機会の無くなったZ/Xの隣に相手Z/Xを移動させて仕事を与えたりと上記の【リゲル】同様にプレイングの幅を大きく広げてくれる優秀なカードです



【待ってろ、今行く!】


ある環境でやたら流行っていると噂のあるカード

私はこのカードを使ったデッキを作った事がないので、具体的な強さはわかりませんが、前線で暴れまわった【オリハルコンティラノ】等を自軍に戻したり、プレイヤースクエアに戻って来た【フィエリテ】を前線に投げ返したり、聞いている限りでは非常に楽しそうなカードではあります

おまけの様に書かれている1枚ドローが普通に強い

研究してみる価値のあるカードかと思います




今回紹介したカード以外にも【青】には優秀なカードがたくさんあり、優遇された色だなと改めて実感しました

次弾以降での【バトルドレス】等の強化次第では単色で強力なデッキが組める様になると期待しています


次回は【白】のカードを紹介します

お暇な時にまたお付き合いください


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAnairo77777

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。