スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エヴォルシード】を考える②

先日【エヴォルシード】についての話をさせていただきましたが、今回はカードの効果を見ながら、より具体的に【エヴォルシード】を考えていこうかと思います



【途惑いの少女アリス】

以前【黒】の優良カードの記事でも紹介しましたが、私が【エヴォルシード】というシステムを危険と感じたカード


フリーカード版しか現在は存在しませんが、製品版でパワーが上がる可能性を考えるとぞっとします


効果は


[自]エヴォルシード(このカードがデッキからトラッシュに置かれた時、以下の効果を解決する。) あなたのトラッシュにあるコスト3以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す



非常にシンプルなトラッシュからZ/Xを回収する効果ですが、効果が発動すれば単純に1枚のアドバンテージが取れ、タイミングによってはゲームを決定付ける効果になりえます


例えば【赤】なら

【日出づる国の女王 卑弥呼】
【煌きの金ゴールドピーコク】


【アリス】と同色【黒】なら

スタートカードの
【復讐の魔人ウルティオー】
を使いまわしたり


その他の色でも単純に手数の補強に3コスト、2コストのZ/Xを回収すれば、それでゲームが終わらないにしても、選択肢の幅が広くなるだけでかなり有利に働きます

この事は【ウィニー】であろうが【ファッティ】であろうが同様かと思います


ここまでの話で気付いている方は多いかと思いますが、この【アリス】



『全てのデッキに入ります』



具体的に言うと


①上記の通り効果が強力

②現存するほぼ全てのデッキに3コスト以下のZ/Xが入るので、ほぼ全て(デッキ切れ時の処理後でない限り)のタイミングで効果の不発がない

③効果発動にコストが存在しない(【月影葬送牙】のようなリソース縛りも無い)ため


この3つです


手札に来てしまった場合、現在フリーカード版でのパワーは4500のため、なかなかスクエアに展開することが難しいですが、これも単純な話で、リソースに置いてしまえばいいだけです


余程特殊な構築(【マジカルフェンサー エルナト】の効果等を狙う構築)や、デッキの空きスペースが全くない状態で無ければ、4枚分のスペースを空けるだけで、お手軽にアドバンテージを稼げるこのカードを投入できます

デッキ内の【黒】のカードがこのカードのみの場合、リソース事故(手札とリソースが噛み合わない時)があります、それは否定しません


ですが、経験上は50回ほど対戦をした中で1度あるか無いかのレベルでした


事故が発生する危険性を考える以上にこのカードの効果は優秀であると、私は考えます



【獰猛な虎目石タイガーズアイ】


第3弾に入る予定のカードです


効果は

[自]エヴォルシード(このカードがデッキからトラッシュに置かれた時、以下の効果を解決する。) ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、5000ダメージを与える。


このカードの情報を見た時にZ/Xを辞めようかと思いました


5000ダメージと言えば3コスト効果なしのZ/Xの最大値


3コストまでのカードを破壊するだけなら、先日先行収録された【月光の魔姫クイーンカグヤ】が存在しますが、その効果とは大きく意味が違います


このカードの効果を発動させると、現存するほぼ全てのZ/Xを3コスト効果なしのカードで処理可能になる点です


さらにいうと、このカードの効果の後にイグニッションで3コスト5000のカードが出た場合、ノーコストでノーマルスクエアにいる、ほぼ全てのZ/Xを処理出来るということです


これがゲーム性においてどれ程危険なコトか・・・



【ゲーム性への影響】


とりあえず枚数制限(8枚ぐらい)があれば全部解決なんですけど


まず、以前の【エヴォルシード】の記事でも書きましたが、イグニッションの成功率が【エヴォルシード】を30枚投入することにより、100%何かしらの効果が発動する構築にした場合、現存する【チャージ】を使用する効果の存在価値がほぼ無くなります


【チャージ】を使う効果は、成功するかどうか不確定なイグニッションの機会をふいにして、確実にアドバンテージを稼ぐもの、と私は認識していました


それが【エヴォルシード】があることにより、【チャージ】を使用する効果と同様、もしくはそれ以上の効果が臨めるとなれば、その効果を使用する理由が薄くなるのが当然です



次に、強いデッキタイプがかなり絞られること


【エヴォルシード】が強いとなれば、その主な発動トリガーであるイグニッションの試行回数を増やすこと、しいては【チャージ】を溜めることに特化したデッキが増えるコトが目に見えます



ゲーム性の関係で、その特化したデッキに勝てるであろうデッキはおそらく同系のみ



想像したくもない環境ですが、安易に想像出来てしまいます


現状では上記で説明したカードを含み、チャージを増やすことが得意な【赤黒】が筆頭でしょう




【最後に】


他にも【エヴォルシード】を持つカードは存在しますが、どのカードの話をしても、結局いままでの話を繰り返すだけなので割愛


これまでの【エヴォルシード】の話は、現在情報の出ているカードの中で、私なりに考えたコトであり、今後の情報次第ではあっさりと手の平を返すことは十二分にあります


この話も『そんな未来もあるかもね』程度に見ていただければ幸いです



私にとって【Z/X】は、様々なカードゲームが台頭して来た業界内で、久々に面白いと感じられたゲームです
先の展開を考え、どこのスクエアに何を置くのかを迷うのも

イグニッションでめくれるカードに一喜一憂するのも楽しいです


いちユーザーの戯れ事ですが

このゲームが、より多くの人に長く愛されるゲームである事を願います



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAnairo77777

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。