スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤黒エンジェルver2.00

まず最初に

前回の記事にコメントいただいた方に感謝を

ありがとうごいました


そのコメントの中に、現在のエンジェルのレシピに対しての質問をいただきましたので
現環境で私が使用しているエンジェルのレシピを載せておきます
といっても、前回載せていたレシピからほとんど変わっていないんですが


《赤黒エンジェル》

《プレイヤー》
『天王寺飛鳥』

相変わらず《フィエリテ》です


《スタートカード》
『魂のアム』

4弾の収録カードの中で1番うれしかったのは、実はこの子だったりする

《IGアイコン持ち》

『運命のデスティネ』×2
前までは猫のヴォイドだったのですが、待望の《エンジェル》ヴォイド
上手く盤面制圧できていれば、効果が強力に作用するのですが
単体で敵軍エリアの《卑弥呼》を倒せない事に、たまにイライラする


『空のシエル』×4
相変わらずこのデッキの主力アタッカー
4弾でエヴォルシード以外のカードを《エンジェル》に統一することが出来たので
打点アップの効率が段違いに上がりました


『放浪のエレ』×2
前回《ダウラギリ》だった枠


『純粋のピュール』×4
『力のピュイサンス』×4
『星のエトワール』×4
点取り屋さん達


《エヴォルシード》

『途惑いの少女アリス』×4
『整備職人ヒンデンブルク』×4
相変わらずいい仕事をする子達
手札に来たら即リソース


《アイコンなし》

『掟のレーグル』×4
『創造のクレアシオン』×3
『意志のヴォロンテ』×4
『十二使徒 宝瓶宮ガムビエル』×2
『雪のネージュ』×2
『夕焼けのクーシェ』×2
『誇りのフィエリテ』×3
前回からの代わり映えのしないメンツ

『閃光のエクレール』×1
アイコンのない枠での新顔
6コス帯で場所を問わず《ヤマタノオロチ》を狩れる可能性のあるカードが欲しくて、1枚挿し
予想以上にいい仕事します


レシピは以上です

以前のレシピから、エヴォルシードの以外の枠をすべてエンジェルで統一
元から《ヤマタノオロチ》への対策はある程度出来ていたデッキですが
それでも不安だったので《エクレール》を投入して、対策を厚くした感じです

今回はレシピ以外に、デッキコンセプトとプレイングについても解説しときます
ちょいと長いので興味のない方はすっ飛ばしてください



《コンセプト》

レシピ見ていただいてお分かりかと思いますが
基本デカいのを立てて殴るだけです
おそらく現状の《エンジェル》ではこのコンセプト以外はやや厳しいです
ですが、このコンセプトを持てるのも現状《エンジェル》だけだと思っています
(ライカンスロープも近いものがありますが、相手ターン中にはパワーが落ちてしまうので差別化できています)
イベントなどの小細工は一切必要ありません
その時あるリソースの数で出せる最大火力を盤面に叩き付け圧迫し続ける
それをひたすら続けていくと、相手も出された最大火力に対して、最大火力で応戦しなくてはなりません
そうすることにより《相手にプレイングを強要する》ことがこのデッキの最大のコンセプトです
最近は優秀な効果をもつZ/Xや、リソースリンクの登場により
5コスト以下のZ/Xのパワーラインが下がってきている傾向にあります
そこに素の最大打点である効果なしのZ/Xを出し続けると
相手はイグニッションを成功させる以外の対処が難しくなります
成功されるとヤバイのですが(笑)それはどのデッキであろうが一緒なので目をつむりましょう
返しのターンでめくり返せばいいんですよ!

まあそれを繰り返し、徐々にスクエアに《エンジェル》を残していくことにより
《シエル》の打点を押し上げ、盤面のアドバンテージを取っていくのがこのデッキの強みです


《プレイング》

先行か後攻かでプレイングがガラッと変わります
ケースバイケースではあるのですが、基本的には
『ガン攻め』と『ガン守り』です

先行時は上記のコンセプトにあるように、溜まったリソースを1つも余らせることなくひたすら攻め
最低2ターン、できれば3ターン先の事を見据えた手札マネジメントを心がけひたすら攻め
攻め続けてとりあえず『残り1点』にすることを目指します
その後はその流れで残り1点を取りに行ってもいいですし
相手のデッキ切れを狙うのもありです

後攻時は一転、しばらくはライフを守ることに専念します
一番大事なのは先行時と逆ですが『ライフを残り1にさせない』ことが目標
コストを余すことなく使う事は先行時と変わりませんが
イグニッションで何かめくれて、ライフを奪えそうな時でもひたすら守り
後攻時は半端は攻めが命取りになることが多々あります
なるべくパワー5000以下のZ/Xをプレイヤースクエアに置かないように気を配りながら5・6ターンぐらいはしっかり守備
自軍の守備がしっかりと完成したら反撃開始
このころになると相手もほどほどに消耗しているはずなので
後攻の利点である、手札(選択肢)の多さを盾に盤面を押し返しましょう
切り替えしの時に重要なのは
相手の《ヴォイドブリンガー》を踏んだ後に立て直せないときはライフを狙わない事
相手がこちらの反撃を見ても攻めることを止めない時は、守備に専念すること
この2点です

先行時でも後攻時でも変わらないことは『メリハリ』
攻めるときはとことん攻める
守るときはキッチリ守る
中途半端が一番よくないです

ここまでは基本的なプレイングのお話
もうちょっと話が続くので興味のあるかたはお付き合いください

プレイングに含まれる話ですが、このデッキも当然苦手な相手がいます

『デスティニーベイン』君です

環境にガッツリいるZ/Xが弱点のデッキで大丈夫かって話ですが
その対策は厚めにしているつもりなのでご安心を

とりあえず『黒』をみたら『ベイン』を警戒してください
7コスト以降は毎ターン『ベイン』が出てくる前提で手札に対策カードをガメてください
んで、出てきたら全力で処理してください
生き残らせてターン返すと非常にマズイです

デッキ的に相性がよろしくないのは緑の《アイヴィーウィング》を軸にしたデッキ
早々にリソースを溜められ、《アイヴィー》降臨
リソースからワラワラ出てこられるとさすがにどうしようもありません
緑を見た時だけは先行後攻問わず、ひたすらガン攻め
ライフをすべて削れなければ、とりあえず残り1点に
その後は泥試合を覚悟して守りに専念しましょう


以上で解説終了です


私のプレイしている環境でも
《ブレイバー》《ペンギンイェーガー》《ダハーカシェダル》(赤がらみばっかり(笑))を中心に多種多様なデッキが増えていますが
この《エンジェル》でボチボチの勝率を維持できています
大きな大会で結果を残した話は聞こえてきませんが
《エンジェル》は、やればできる子だと信じています

長ったらしい記事になってしまいましたが、閲覧ありがとうございました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンクのお願い

はじめまして、TCG☆あんてなというサイトをしています。
このたびは相互リンクのお願いに参りました。
こちらからRSS登録させていただいたのでよろしければ
リンクに登録していただけると大変うれしく思います。
ご検討よろしくお願いします。

サイト名
TCG☆あんてな

URL
http://tcgantena.blog.fc2.com/
プロフィール

NAnairo77777

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。