スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXパック《日本一ソフトウェア》カード評価

もう何日ぶりかも忘れましたがお久しぶりです

今回は先日発売されたEXパック【日本一ソフトウェア】のカード評価です

前回【覇王の凱歌】では全カードに評価を付けていきましたが、やたらと大変だったので

今回は個人的に評価の高いカードのみに絞って評価していきます


それでは最初に《赤》のカード



《赤》


【切り込むラハール】

【ルビーハウル】の互換カード
単体で5500まで対応でき、6コスト時に3コスト5000のカードと組み合わせ、10500まで見れるのは
説明するまでもない強さです
この記事の最後に、次弾の『五神竜の巫女』の話もしますが
今後はこの3コスト5500という数字がかなり重要になってくるのではと考えています
【ルビーハウル】の入手が難しい方、【ルビーハウル】だけでは足りない方は是非



【突撃するラハール】

単体で11000まで対応可能。6コストでこの打点をたたき出せるのは貴重
【ラハール】デッキ以外で4枚投入するかは怪しいですが
2枚ほど挿しておくと、いざという時に役に立つ


【最凶魔王ラハール】

【ラハール】デッキのフィニッシャー
効果の関係上【ラハール】のデッキ以外に投入することは難しいですが、引導火力としては1級品
ご利用の際は打点補助のイベントなどを投入することをお勧めします



次は《青》
《青》は優秀な札が豊富



《青》


【ノリノリのアサギ】

IGアイコンの枠を【アサギ】で固めて、これを投入するだけで、非常に面白い動きをします
プレイング次第で、攻めにも守りにも使える
【ニコレア】や【ヴェルテ】などを使う、移動デッキにも採用を考えられるカードで
今後のカードとの組み合わせ次第では、化けそうな1枚


【無表情なアサギ】

【アサギGOfight】の互換カード
【アサギ】の数がしっかり増えたので、構築次第では不発の心配がほぼなくなりました
登場時にノーコストでアドバンテージのとれるカードが弱いわけもなく
【アサギ】デッキでのエンジンとなっています


【浜辺のアサギ】

手札1枚でデッキバウンス
打点も10500と優秀ですが、8コストなのが玉にキズ
よく【ヘルシャー】と比較されますが、仕事が全く違うので比較をするのは難しいのではと思います
ただ、このカードでないと解決できないという盤面も少ないので、1~2枚の投入で十分かと思います


【打倒ゼノンを誓うアデル】

4コスト6000で殴ると移動します
動きのメンドくささは相当なもの
相手PSを殴って自軍に戻ってきたり、自軍から相手PS横に跳んだりとホント面倒
種族を縛らない《青》のデッキへの投入が十分考えられるカードかと思います


【魔王の一人娘ロザリー】

個人的にロザリーは好きなキャラなので使ってあげたいのだけれど
《赤黒リソリン》ぐらいにしか輝ける場所がない・・・・
《赤黒リソリン》のデッキでは自軍PSを囲むZ/Xを処理しながら攻めに転じれるので非常に優秀
【ペンギン】で【ロザリー】投げて、相手PS囲んで殴ってるだけで、相手のライフが強くなければ勝てる


【Aウイルスハザードのアクターレ】

個人的には評価低い、
メタカードとしては不安定な感じが否めない
弱いとは思いませんが、明確な使いどころもあまり思いつかない
デッキからのサーチ手段があまりないZ/Xで的確なタイミングで場に出し
維持していくのはなかなか難しい・・・・


というのは【日本一環境】までのお話
次弾環境で【皇帝竜ロードクリムゾン】が暴れることが予想されるので
それに対する明確なメタとして活躍が期待されます

ただ、自分のデッキにも影響を及ぼすので、構築は非常に難しいかと思います
いまから次弾環境にむけて、このカードを研究していきたいですね



続きまして《白》のカード!



【ピースするフロン】

効果対象をこのカードに強制する効果
《赤》のバーン効果、《黒》の除去効果などを一手に引き受けるドMカード
刺さるデッキにはガッツリ突き刺さる面倒なカード


【天然ボケのフロン】

登場時に【フロン】が2枚あるとパワーマイナス5000
効果込で5コスト11500まで対応できるとか意味が分かりません
IGなどで登場した3コスト以下のカードも大体割れるので、盤面をきれいにしたいときにも活躍する


【がんばるフロン】

5コスト以下の【フロン】を自身スリープでチャージから呼べる鬼畜カード
5コスト帯で出した【フロン】を壁にしてこのカードを守り、維持できればチャージから【フロン】を毎ターン供給
先行最速6コストでこれをやられると、現状のカードプールで返すのは、IGが絡まない限り相当厳しい
このカードで出てくるカードの中心が、上記2枚なのも強さに拍車をかける
環境に多くこのカードがいるようなら
後攻6コストで【ピースするフロン】に守られたこのカードを割れる工夫をしたい


【覚醒天使ピュアフロン】

今弾文句なしのトップレア
前環境も猛威振るった【デスティニーベイン】への対策としてはもちろん
【ケイツー】等をイベントで守り盤面を取っていくようなデッキ相手にはまさに天敵
これ一枚で、構築の変更を余儀なくされたデッキがいくつあるか・・・・
プレイヤーカードに【フロン】が見えるだけで、相手のプレイングを縛れるという副産物もあり
プレイヤーカード指定のカードの入っていないデッキは
とりあえず【フロン】をプレイヤーにしておけば、このカードを匂わせられます
次弾環境でも活躍が期待できるZ/X


【業欲の天使アルティナ】

効果込で9000まで対応できるZ/X
序盤は相手も要求コストが支払えないのがほとんどのため
これ一枚で、PS外の6コスト効果持ちのカードまで対応可能
白はこのカードが投入可能であれば、4・5コストのバニラを積む必要がほぼなくなったと思っています
種族統一などにこだわらないのであれば、積極的に採用出来るカードかと思います




続きまして《黒》のカード







えーっと








うーむ







エトナ様は可愛い!!!!!




以上!



最後は《緑》!



《緑》


【自由悪逆のメタリカ】

5コスト【百騎兵・メタリカ】指定の【木蓮】
5コスト7500打点にリソースブーストがくっついてくるのが重要
緑をあまり使ったことのない人にはピンと来ないかもしれませんが、ものすごく重要!
このカードの存在で、私の緑のデッキから、【レモンバーム】が抜けていきました
《緑》のデッキでIG枠を【百鬼兵】変更しても構わないデッキであれば是非使ってみてもらいたい1枚


【天才魔女メタリカ】

【パニッシュメントクロス】を構えた【ケイツー】を上から殴れる、素敵
素の打点が11000なので横行する10500打点のワンパンで落ちないのも評価高い
【アイビーウイング】で釣ってくる候補に挙がる性能かと思います


【水竜の能力の使い手アッシュ】

【フィーユ】デッキの救世主
9コスト以上を維持する工夫をすれば、【月下香】を凌ぐ性能にもなりえる
先述の通り、11000という打点は優秀であり
緩い条件(緑にとっては)でその打点を6コストで展開できるのは非常にありがたい
《緑》のデッキを組むさいは、積極的に採用を検討したい1枚



今回のカード評価は以上です

次弾環境にも出てきそうな強カードはもちろん
上記で紹介したカード以外にも面白いカードが非常に多い良パックだったのではないでしょうか
【ラハール】【アサギ】【フロン】はこの弾のカードだけでもある程度戦えますし
これからZ/X始めようって人に勧めやすいパックでもありますね


次弾環境では、現状出ている情報では
先述した【皇帝竜ロードクリムゾン】がどれだけ暴れるかによって大きく動きそう
対策としてはこの記事でも紹介した【覚醒天使ピュアフロン】【Aウイルスハザードのアクターレ】
それ以外では【剣帝神器サイクロトロン】などでしょうか
それと合わせて、10500打点に対する回答を増やす意味で
こちらも前述しましたが3コスト5500打点の採用も重要になりそう
強力なリソースリンクの収録もあるようなので、環境がガラッと変わるのは間違いないかと思います
6弾収録カードの情報にしっかり目を配りながら、今からデッキ構築を考えていこうかと思います

6弾発売後にまた似たような記事を書かせていただくかと思いますので
お暇なときにのぞいてやってください

ではまたの機会に

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピースと天然ボケの説明が逆転してるす
プロフィール

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。