スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5弾《覇王の凱歌》カード評価【白】

前回に引き続き

第5弾《覇王の凱歌》カード評価

今回は《白》のカード


《暗黒街の王カール》

効果持ちヴォイドブリンガー
効果と合わせて5000まで対応
マイナス範囲で、《シェアト》《戦国の華 森蘭丸》《フレイムコープス》《ガーゴイル》などの
優秀な小型を処理可能
コストの余りづらい序盤で非常にいい働きをします
《ケットシー》はもちろん、他の白のデッキでも採用を考えられる1枚


《イヴィルベイン アイガー》

《ガーディアン》の3コスト効果なしIGアイコン持ち
《ガーディアン》もようやく駒がそろい始めました
もう一種類IG枠と、優秀なフィニッシャーが増えれば種族単組めそう


《イヴィルベイン マナスル》

《ガーディアン》の効果なしスタートカード
この枠いるのか?
次弾以降は、この手の2種目の意義の薄い枠は別のカードにしてほしいっす


《聖獣オーラヘケト》

登場時にマイナス1000の《セイクリッドビースト》のライフリカバリー
3コスト5000と合わせて10500ラインを見るための札として優秀
ライフリカバリーなのに、ライフから出るとちょっと微妙な効果だけど気にしたら負け


《雨のプリュイ》

4コスト6500効果なしの《エンジェル》
男より女の子を使いたい方は是非こちらを


《イヴィルベイン クーラカンリ》

中立エリアの自分のゼクスを+1000
9500打点で敵軍エリアの10500を叩けるようになるのは優秀
生き残らせると面倒くさいZ/X


《聖獣オーラロック》

4コスト版《ヘケト》
プレイヤースクエアのカードも効果対象に出来るのは優秀
次弾ぐらいに軸になり得るZ/Xが出れば、《セイクリッドビースト》はかなりいけると思う


《イヴィルベイン シプリン》

効果範囲が限定された代わりに他種族にも効果範囲の及ぶ《アンナプルナ》
このカードを登場させる場所
さらには効果を付与させるカードも考えながらプレイしなければいけないため
思った以上に使い勝手の悪いカード
パワーがあと500欲しかった・・・・


《絵描きのコラット》

5コスト8000効果なしの《ケットシー》
《ケットシー》の5コスト帯は《ショートヘア》《マンクス》などの優秀なカードがあるため
どのカードを採用するかは悩みどころ


《風のヴァン》

《白》のチャージリンク
効果が優秀なので、《エンジェル》デッキでの単体起用も視野に入ります
状況によっては2回以上の効果発動も可能
除去の薄い《白》では是非採用を検討したいZ/X


《機知のエスプリ》

《シエル》と同様の効果を持ったレンジ2《エンジェル》
個人的には《サジェス》の上位互換だと思ってます
条件付きとはいえ、パワーを上げることにより
生き残る可能性を高められるのは強いです


《聖獣オーラヒポグリフ》

白1とはいえ、コストを要求されるのはちょいとキツイ
タイミングが限定され、マイナス値も1000と微妙なため
5コスト7500の《セイクリッドビースト》として運用しつつ
余裕があれば効果使うかってぐらいの感じ


《イヴィルベイン ヴァイスホルン》

前述の《ヴァン》の相方
噛み合えば強いのは《クレアシオン》が証明してくれてる
種族が《ガーディアン》という点と、8500の打点をどう考えるかで評価が割れますね
個人的にはこれを使うよりは《クレアシオン》を推します


《魂を結ぶ天使リアン》

5コスト以上多めの構築、白青リソリンで積み込みと
いろいろと試してみましたが、自分はうまく使ってあげられなかった
イラスト可愛いので使いたかったけど
手札に握った時のイライラが半端なかったので
個人的にはもう使わないかな


《近衛隊長ソマリ》

《デスティニーベイン》さえいなければ、ものすごく強いカード
《ケットシー》は今後面白い種族になってくれると期待しているので
非常に嬉しい1枚ではあったのですが
《ベイン》が・・・・《ベイン》がホントキツイ・・・


《探求の天使アドミラシオン》

7コスト帯で投げるなら《クーシェ》でいい
10コスト帯で投げるなら《エンジェル》では他の動きのほうが強い
青黒リソリンで投げるなら、もっと強い奴はいくらでもいる
赤緑リソリンでなげるなら(ry

割と期待していたんですがねェ・・・・


《コンフロントオーダー》

PS限定のパワー5000アップ
殴る時にも使えるのはいい効果
何に対して発動するのかを明確にして
《光壁》《コンフロントオーダー》と使い分けていきたいですね


《第一次乙女大戦》

プレイヤーカード指定イベント
赤のデッキはプレイヤーを指定しないデッキ構築もそこそこあるので
そういったデッキに一考の余地のあるカード
このカードの発動コストも捻出しやすい、赤中心の赤白リソリンのデッキとは相性がいいかと思います

「なんでこないなってもうたんやーーーー!」


《パニッシュメントクロス》

指定箇所にマイナス4000のイベント
卑弥呼が倒せる・・・・強い!!!!(確信)
上記の《コンフロントオーダー》同様に、効果対象を明確にして
《リベンジフォース》か《パニッシュメントクロス》を使い分けていきたいですね


《ちょっと、待ったぁ!》

なるほど、このカードで自分の《リアン》をボトムに積み込むんですね!!

まあ冗談はさておき、白には貴重な除去
大型あふれるプレイ環境の《白》ではお呼びがかかるかも



《白》のカード評価は以上です

総評としては

・各種族に優秀なZ/Xが増え、今後のカードに希望が持てる
・低コストイベントが優秀、1コスト残しで油断できない
・《エンジェル》にもう少し愛をください

といったトコロでしょうか

自分がメインで使っている色なので
もうチョイ強化欲しかったけど贅沢は言えない

《セイクリッドビースト》《ガーディアン》《ケットシー》は今後面白くなると思っているので
今から少しずつ研究していきたいと思います

次の記事は《黒》のカードの評価

かなりのんびりなペースで更新していますが
またお時間があれば覗いてやってください


第5弾《覇王の凱歌》カード評価【青】

前回の記事のコメントで、背景グレーに赤字は見にくいとのことだったので、早速改善
その辺を気にしたことがなかったので、コメントで気づかせいただいたのはありがたいです
ありがとうございますm(__)m

ではでは本編

前回の《赤》のカードに引き続き

今回は《青》カード評価


疫病機械ポックス

フリーカード《イレイス》のほぼ完全上位互換
私にとっては一枚引いて、引いたカードをそのまま戻し、デッキをシャッフルする効果
ホントに相性悪い・・・・
リソースリンク揃えたい系男子に大人気
3000の打点をどう見るかによって評価が分かれるかと思いますが
青黒リソリンには色の関係もあって、積極的に投入してもよい1枚かと思います


花恋ウェイベル

《マーメイド》待望の3コストIGアイコン持ち
ライフリカバリー以来2枚目ですね
今のうちにホロは回収しておきたい


救急合体キュリウム

ヴァンガードでこんな効果の子がいた気がする
状況次第では面白い効果ですが、今のところテクさんでいい気がする


プラズマソー ハダル

《フェクダ》より《アルフェラッツ》よりコイツが使いたいって方は是非


合体学府ノーベリウム

デカくなって対処できなくなった《月下香》の処理に活躍できそう
《バークリウム》を採用しているデッキでは面白い働きをします


破砕機械クラッシュ

相手ターン中に手札から登場させられるZ/X
打点も-500査定と優秀
意表をついた動きが出来れば、面白い働きができそうですが
それが出来るほどの余裕があるのであれば、このカードを使わずとも勝てる気もする
緑のリソースブーストおよび、破壊時にリソースをリブートする効果などを組み合わせて使いたいトコロ


巨大芸術フランシウム

1枚ドローする効果が弱いってことはないのですが
如何せんパワーが・・・・
イベント等で守ってやれば、2枚以上のドローが可能ですが
手札からのイベント発動だと±0なのでそこまでして守るかどうかは疑問


ソニックガンナー シリウス

《バトルドレス》5コスト効果なし
5コスト帯はどの色も激戦区なので《バトルドレス》単の構築でも採用する枠があるかどうか・・・


バトルヒーロー グライド

個人的に今回の《青》のカードで一番評価の高いカード
5コスト7500・1コストで1枚ドロー
チャージリンクのパーツですが、単体でも十分強く、使いやすい
《ソードリベレーターリゲル》や《A-Z》のサポートカードとして、種族の相性もあり非常に優秀
単純なドローソースとして気軽に採用できる良カードかと思います


不死身の漢テクネチウム

こいつも普通に強い
破壊時に手札に戻るため、継続的に打点を確保できるのは優秀
IGの試行回数は減ってしまいますが、単純に手札+1
手札での選択肢が増えるのは単純なアドバンテージの考え方以上にありがたい


災厄機械カラミティ

6コスト版《破砕機械クラッシュ》
《クラッシュ》と同様、打点は優秀だが使いどころは難しい
《ベイン》相手にぐぬぅって言ってるビジョンがみえる


疾奏フィシニール

《マーメイド》6コスト効果なし
《マーメイド》は6コスト帯が薄いので、種族単での構築では採用機会がありそう


蒼空の翼ゼノン

上記の《グライド》の相方
チャージリンク発動で、驚異の6コスト9000レンジ2
序盤に飛んでくると対処が非常に難しい
終盤の詰めの1枚としても優秀
《グライド》がチャージにあるなら《スケルタルダンサー》の効果対象にも面白い


メガトンフィスト ミザール

ドローのたびにパワーの上がるカード
1枚で11000、2枚で13000と累積していく
《第一種戦闘配備》などと相性がよく、工夫次第で攻めにも守りにも使えるZ/X
ただ今の環境でそこまでパワーをあげる必要があるのかは疑問
今後打点オバケが出てくれば評価の上がるカードかなと思います


神声メノーテ

効果で《マーメイド》を寝かせるだけでデッキバウンスと強力
ただ、現状では《マーメイド》単体での構築は難しいので
投入する場合はプレイングを含めて工夫する必要があります
このカードも《スケルタルダンサー》の効果範囲内のため
しばらくはそちらでの活躍が目立つのではないかと思います


青の守護者フェクダ

パワーもうちょっと欲しかった・・・
生き残れば驚異のドロー加速カードと化しますが
まず生きてターンが返ってくることは無いですね
単純に1枚ドローするだけなら、優秀なカードは結構あるので
このカードを採用する意義は薄いかと思います


ジャムセッション

非常に面白い移動系カード
相手のZ/Xも対象にとれるので、引きこもった厄介なカードと入れ替えて殴り倒したり
自群に引きこもったニートに仕事させたりと、トリッキーな動きが出来ます
《ヴェルテ》等の移動時にパワーの上がるカードとも相性がよく
研究の価値がある良カード


ディフィートオブジャスティス

にこすとさいだいよんまいどろーとかつよすぎなんですけど・・・


冗談はさておき、フレイバーテキストの後の展開が非常に気になります 以上


オーヴァーベアリング・ビット

効果が安定しないのはいただけない
上記の《ミザール》を守ったりするコンバットトリックとしては面白い


猫の恩返し

対象なくてもドローは出来るのは《待ってろ今いく》と同様
《赤》で話をした《クリムゾンロアー》に次ぐIGフェイズにめくれるとめんどくさいイベント
こちらのカードもIG以外で手札から発動する意義のあるカード
《フィーユはいつも元気だぞ》の感覚で、とりあえず手札少なくなるから突っ込むか、で活躍するのはズルい


《青》のカードの評価は以上です

総評としては

・使い勝手のいいドローカードの登場で《青》をキッチリ積まなくてもドロー加速が可能になったのは大きい
・《マーメイド》のIGアイコン付きはよ
・《ジャムセッション》《クラッシュ》等の登場によりトリッキーな動きに磨きがかかった
・「なんで、なんでこんなことするんだよ!ローレンシウム!ローレンシウム!お願いだから返事をしてよ、
ローレンシウム!!ちくしょうッ!ちくしょうッ!ちくしょおぉぉぉぉぉぉーーーーー!!!!!」

といったトコロでしょうか

特に《ジャムセッション》はしっかり研究してみたい1枚
成果がでたら、こちらで記事を書きます

次の記事は《白》のカード評価

お暇がありましたら、見てやってください

閲覧ありがとうございました

第5弾《覇王の凱歌》カード評価【赤】

Z/X第5弾【覇王の凱歌】発売から10日

今更な感じがしますが、個人的なカード評価をしてみます

数多いので今回は【赤】だけ

それでは参りましょう



【運命の女神ヴェルダンディ】

公式様はまだ【ブレイバー】をお強くしたいらしい・・・
貂蝉とどちらを採用するか考える方も多いみたいですが
個人的にはコチラ推し
たかが1000ダメージと侮ると痛い目見ます
【アテナ】【卑弥呼】との絡みで、様々な選択肢を生み出す良カード


【動き出す彫刻ガーゴイル】

強い(小並感)

【デスティニーベイン】を単体で突破できる能力
通常時は3コストのため【アリス】での回収、【スピネルペンギン】での踏み倒しが可能
状況によっては壁としても運用可能と、いろいろとズルいカード
このカードが【ブレイバー】でなくてホントによかった
さらに言えば、可愛いイラストでなくてホントに良かった
イラスト可愛ければ、とんでもない値段になっていたのではなかろうか


【戦士の女王ゼノビア】

後述の【トパーズファルコン】の相方
【ブレイバー】の3コスト効果なしIGアイコンつき
【ブレイバー】のIGアイコンつきはある程度固定化されてきているので
採用するかどうかは、プレイ環境とイラストの好み次第


【甲職人ガントレット】

プレイヤースクエアにもダメージを飛ばせる珍しい効果
【マイスター】でしっかりとデッキを組めるようになれば活躍の機会は十分にある


【美麗な蛋白石オパールフォックス】

【ギガンティック】の効果なしスタートカード
公式様はカニの存在を忘れているのか?


【頑強な鉄アイアンライノ】

【ギガンティック】の効果なし4コストZ/X
公式様は白鳥の存在をわs(ry



【三国の英傑 劉備玄徳】

まずは張飛を出そう、話はそれからだ
あと2弾ぐらいで三国志デッキが組めるようになるかな?


【剣鍛冶グラディウス】

個人的に評価の高いカード
条件ありとはいえ、場に出るだけで5000ダメージは脅威
条件そのものも緩いので、研究の価値のあるカードかと思います


【一時の休息 森蘭丸】

こちらも、プレイヤースクエアにダメージを与えられる効果
【信長】のサポートカードかと思いきや、単体でもしっかり仕事の出来るZ/X


【比類なき金剛石ダイヤギガノト】

【ギガンティック】の手札の無いときに発動する効果をサポート(?)するカード・・・なのだと思う
今の段階ではなんとも言い難い効果


【雄々しい霊銀ミスリルライオン】

効果発動コストが1低ければ・・・・・


いや、難しいわ


【狡猾な黄玉トパーズファルコン】

今弾の新システム《チャージリンク》を持つカード
効果そのものは非常に強力なのですが、発動条件がやや厳しい・・・
というか、そこまで相手のリソース伸びていればゲームが終わっている可能性が・・・


【発掘職人マトック】

こちらも個人的評価の高いカード
流行の【スケルタルダンサー】のデッキ等のメタとして採用が考えられます
【マイスター】でデッキ構築が可能になれば非常に面白い活躍をしてくれるのではないでしょうか


【暴乱の巨獣ベヒーモス】

【ギガンティック】の6コスト効果なしZ/X
【カーネリアンベア】の存在があるため、お呼びがかかるか怪しいところ


【貪欲な凶鳥ハルピュイア】

賛否両論あるカードですね
けして弱い効果では無いのですが、なかなか使いどころの難しいカード
個人的な見解は
このカードを活かす構築をするよりも、その枠に別のカードを積んだほうが安定する、といったところでしょうか


【第六天魔王 織田信長】

7コストでもよかったんやでぇ・・・
既存の【ブレイバー】デッキへの投入は難しいので
専用構築をすることで、既存の【ブレイバー】デッキとの差別化を図りたい


【シャードバースト】

気軽に撃てるイベントではありませんが、詰めのカードとして非常に優秀
赤1コストが残っているだけで、7000ダメージが飛んでくる可能性があるのは結構怖いです


【タンクツーリング】

シェルちゃんは可愛い


【ライトニングスラスト】


3コストで合計21000ダメージ(MAX値)
これも気軽に打てるイベントではありませんが、カードを選択して発動するイベントではないため
【サイクロトロン】に対してもダメージを通せるのは優秀


【クリムゾンロアー】

プレイヤー指定のイベント
IG等でめくられると一気にやる気を削がれる強さ
ノーコストで合計15000ダメージとか、言ってることがよくわからない
スペースに余裕のあるデッキであれば積極的に採用する価値はありますね


【赤】のカードの評価は以上です
総評としては
【ヴェルダンディ】【ガーゴイル】が評価が高く
【マイスター】に優秀なカードが増えたので、今後の動向に期待が持てる
【クリムゾンロアー】をIGでめくるのはやめてください、死んでしまいます

といったトコロでしょうか

駆け足で書いたので、薄っぺらい記事になってしまいましたが参考にしていただければ幸いです

次回は【青】のカードの評価をしていきたいと思います

また、お暇があればのぞいてやってください


第4弾《黒騎神の強襲》カード評価

さてさて、復帰(?)一発目の記事は

先日発売されました

《黒騎神の強襲》のカード評価です


前回の《五帝龍降臨》ではドラゴンの登場等により、プレイ環境が大きく変わりましたが、今弾はどう環境に影響を及ぼしていくのでしょう

各色ごとの注目カードとともに考えてみましょう



まずは《赤》


毎弾、確実に強化され続けている《ブレイバー》に、ついに[ライフリカバリー]が登場
これにより、《ブレイバー》単体でのデッキ構築が可能になりました

もともと優遇された強化で環境上位に食い込んでいた《ブレイバー》ですが
今弾でその強さにさらに磨きがかけられた感じがします

その他では《ギガンティック》を中心に新規カードが出ましたが
安定した仕事の出来るカードの収録は少なく
明確な強化とはなりませんでした

期待されている方も多い《エレファント》の収録もおあずけ

次弾では
《赤》=《ブレイバー》の図式を打ち破ってくれる強化が入ることを期待します


カード単体で見ると

SR枠の
【混沌の大蛇ヤマタノオロチ】
【九大英雄シェイクスピア】
それ以外では
【突き刺す尖晶石スピネルペンギン】
の評価が高いですね


【混沌の大蛇ヤマタノオロチ】は
リソース9枚以下では破格の6コストパワー10500
前環境で活躍した《アサギ》のお株を奪う効果
赤主軸のデッキには入れない理由をほとんど感じないスペック
4弾環境では、先行6コスト帯でこのカードを相手が投げてくる前提での対策が必須になるかと思います


【九大英雄シェイクスピア】は
墓地のカードを8枚除外するコストは必要ですが
非常に厄介な効果をもつカード
効果での登場時はスリープ状態のため、基本的に守りの札として使うのがメイン
スリープ状態とはいえ、不意にパワー9500が降ってくるのは脅威
種族も《ブレイバー》と申し分ない

【突き刺す尖晶石スピネルペンギン】は
リソースリンクで手札から3コスト以下のZ/Xを登場させる効果
リソース5枚以上でないと効果が発動しませんが
ほぼノーコストでのコスト踏み倒しが弱いわけがない
せめて出せるのがコスト2以下か
効果で出したZ/Xは除外されるぐらいの効果でよかった
おまけに5コストパワー7500とたったの-500査定
すでに各地の大会で、このリソースリンクを使用したデッキが結果を残した話を耳にします
現状、このカードに対する明確な対策が取れないのも厄介なトコロ
かなりお強いです



続いて《青》


《バトルドレス》の基本パーツが増え、《バトルドレス》を組みやすくはなったものの
現状、デッキを《バトルドレス》で固める意義が少なく
その他の種族も明確な強化をもらえなかったため
今弾ではやや残念な色になってしまったかと思います

カード単体での評価は

最胸との呼び声高い
《アドミニストレータ ベガ》は
効果がいろいろとかみ合っていないため低評価
イラスト可愛いので、何とか使ってあげようといろいろ試しましたが
現状は非常に厳しいですね

《剣帝神器サイクロトロン》も、前述の《ヤマタノオロチ》に一撃で落とされてしまったり
そもそも相手が対象に取る効果を使用しないデッキだった場合
7コストパワー10500の効果なしのZ/Xに成り下がってしまうため
現状での採用はなかなか難しい

今までも散々不遇な扱いを受けてきた《青》ですが
次弾こそは明確な強化が入ることを期待します


次は《白》


《エンジェル》のIGアイコン持ちが増え
本格的に《エンジェル》統一で構築出来るようになりました
《ガーディアン》にもカードが増え、かなり実践的なデッキ構築が可能になりました
《ケットシー》も着実に数を増やして来ているので
次弾あたりにしっかりと構築出来るようになるのではないかと期待しています


カード単体では

SRの《イヴィルベイン ケィツー》に大きな期待を寄せています

単体での運用も、相手のプレイングをそこそこ縛れるため優秀
イベントとの兼ね合いで、非常に堅い守りが可能
個人的には4弾で一番評価の高いSRです
後述しますが、最近流行の『赤黒コープス』に対してのメタとして活躍してくれることを期待します



お次は《黒》


《ディアボロス》の基本パーツの増加により、大分構築しやすくなりましたね
《ディアボロス》をコストとして参照するカードが使いやすくなったため
今後は見かける機会が増えるかと思います


カード単体では

ノーコストハンデスの《ザクザクするチャーム》

いろいろな可能性が見える《舞踏骸骨スケルタルダンサー》

前述の《スピネルペンギン》の相方《牙の狩猟イェーガー》が優秀

特に《牙の狩猟イェーガー》は、効果により自ターン中にスクエア上の相手Z/Xをコスト-2
コスト参照の除去カードと相性が非常によく、おまけに効果が重複するため
《イェーガー》が2枚あれば-4、3枚あれば-6と、除去範囲が広がっていく仕様
その恩恵を受けるカードを中心に構築したデッキが、前述の『赤黒コープス』です
デッキ名を冠する《深淵の凶刃フレイムコープス》は《イェーガー》の効果を受け
広範囲のZ/Xを除去可能になるため、非常に強力
さらに、《スピンネルペンギン》の効果で、速い展開にも対応できると隙が少ない
4弾環境は、このデッキをしっかりと睨んだデッキ作りが必要かと思います


最後は《緑》


今回一番不遇な色に見える・・・・

既存のデッキにすんなり入るカードは少なく
軸として使えるZ/Xも見当たらない・・・

《碧天の鉄爪 禊萩》がいろいろ出来そうな気もするのですが
現状、具体的な使い方は思いつかず
うまい使い方があれば、どなたか教えていただきたい



《総評》

4弾のカード評価は以上です

今弾は《赤》《白》《黒》がしっかり強化された印象

《エヴォルシード》関連のカードも多く収録されましたが
実践レベルのものは少なく、今後に期待といったところでしょうか

《スピネルペンギン》《イェーガー》のコンビがどこまで環境に進出してくるか
それによってメタが変化した環境で、どのデッキが活躍するのか

いろいろと考えながら、4弾環境を戦っていこうと思います

【リソースリンクサイクル】を使ってみた

ここ数週間で【リソースリンクサイクル】を一通り使ってみたので、ざっくりと感想を書きます

といっても、試行回数が少ない組み合わせがほとんどで、信用にたる記事では無いかと思いますので、あまり真に受けないようにお願いします


【獅子心王リチャードⅠ世】
【聖獣オーラユニコーン】


まずは【赤白】


【オーラユニコーン】は邪魔な低コストを【リチャード】は【リゲル】等を破壊できる火力であり、タイミングよく発動すれば、状況を好転させる一手になりうるため、かなり強かったです


ただ、【リチャード】の打点が絶妙に低く、使用率の高い【木蓮】や【バルバルス】を殴り倒せず、イライラする場面が何度かありました


効果の発動もややタイミングを選ぶため、手札マネジメントが非常に難しい印象がありました



次は【白黒】

【幻想のイリュジオン】
【飛び込むカーズカーズ】


先程の【赤白】コンビより、更にタイミングを選ぶ効果のため、扱いが非常に難しかったです


終盤以降のここぞという場面での【イリュジオン】は非常に強力でしたが、【イリュジオン】の効果は強制発動の効果(公式に確認とってません、任意だったらすいません)なので、チャージを減らしたくない場面でリソースに置けない状況が発生したりするのが痛いです


【カーズカーズ】は・・・うん、厳しいね



次~【黒緑】


【寡黙の魔人タキトゥス】
【剛角グレートヘラクレス】


【黒緑】という、色の組み合わせは非常に強力ですが、このコンビは難しかったです

このコンビを組み込む枠があるなら、他のカード入れようよ。って感じでした



サクサク次~ 【青緑】


【決闘機械デュエル】
【実直な野太刀 花蘇芳】


現存のリソースリンクサイクルの中でがっちりハマった時に1番強いのはこの組み合わせだと思います


特に【花蘇芳】のリソースブーストは卑怯と罵られてもおかしくないレベル


【花蘇芳】の効果で【花蘇芳】がリソースに置かれた時は悶絶もの


【デュエル】の効果も非常に優秀で、相手の大型Z/Xを処理するのはもちろん、よく緑の主軸に据えられる【フィーユ】等の効果でZ/Xを置きたいスペースに邪魔な相手Z/Xがいる場合の処理など、盤面を整える役割を担ってくれます


とまあ、非常に優秀な効果ではあるのですが、どちらのZ/Xもパワーが低いのがネック


せっかく【花蘇芳】でリソースブーストしたのに、出せる高コストのカードが【デュエル】しかない!という状況がたまにありますね(笑)


まあ、それを補ってあまりある効果であると思いますが、採用のさいの手札マネジメントは慎重に

最後~【赤青】


【悪の根源アジ・ダハーカ】
【バレットライダー シェダル】

わざわざ話するまでも無い気もしますが、強いです


ドローもバーンも強いですが、強力な効果を持ちながら、両者共にパワーが高いことが素晴らしい


同コストの効果持ちZ/Xのほとんどを確1で倒せるのは大事


更に、2枚が揃ってはじめて効果を発揮するリソースリンクサイクルにおいて、ドローによる手札補強は、その2枚を揃える確率を高める効果であるため、他のリソースリンクサイクルとは違い、効果の発動と発動までのプロセスが自己完結出来ている点も評価出来ますね




【リソースリンクサイクルの総評】

現状で目立っているのは【赤青】と【青緑】ですかね


その他のコンビも優秀な効果ですが、他のカードを差し置いて採用するかどうか判断が難しいです


噛み合って効果発動出来ればいいのですが、なかなか揃わなかったり、揃う前に勝負が終わっていたりで辛い面も多々あります


周りの環境とにらめっこしながら採用を検討していくのがいいかもしれませんね




今回の記事は以上です

個人的な意見をベラベラ書いただけの記事になってしまいましたが、またオッサンが変な事言ってるわ、程度に受け取っていただけると助かります

では、また次の記事で

ありがとうございました

m(_ _)m
プロフィール

NAnairo77777

Author:NAnairo77777
カードゲームを嗜むオッサn…… オニイサンデス……

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。